困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

カテゴリ:教育技術・授業あれこれ > 理科

さあて、2学期や!!【6年理科・食物連鎖】

2学期が怒涛のように始まり、体重がすでに3キロ近くやせております。 いいのです。夏休み中に増えてたから。 それにしても、年齢が年齢だからか、業務が多くて大変だと思う。 気が付くと、職員室の机の上に、文科省から教育委員会から、企業から大学から、市内の他校から …
続きを読む
【6年理科】消化のしくみとはたらき

本時の授業は、消化管の授業である。 実際には魚の解剖などができると良い。 その前に、消化管や消化のしくみそのものに興味をもつために、本時の導入を行う。 学習問題をたてつづけに4つも出すので、一つひとつをテンポよく、次々に出して行う。 【学習問題その1:動物に …
続きを読む
【6年理科】ヒトは空気を吸っているがなぜか

びんの中に、空気を入れて、ふたをして、その中で火を燃やすと⇒しばらく燃えているが、そのうちに消えてしまう。 酸素がなくなっていくからですが、子どもたちにとっては、「ふしぎなこと」です。 何度かやってみますが、やはり、消えてしまう。 ところが、ふたをしない …
続きを読む
4年理科・空気のあたたまり方

. 問題:暖房した部屋の空気を測ると、場所によって違いがあるだろうか。 ①ほとんど同じ ②Aの方が高い ③Bの方が高い 先に、金属のあたたまり方、そして水のあたたまり方、を学習している。 1)金属では、徐々に火元に近い部分から熱が伝わり、周辺へと広がっていく …
続きを読む
理科・ひとの体 足の骨をくらべよう

. 人間の足の骨と、 オランウータンと、 キツネザルの足の骨、を比較。 最初は、図のみ見せる。 【学習問題】 ヒトの足の骨はどれでしょうか。 そう考えた理由をできるだけくわしく発表しよう。 意見は割れるが、1番上だというのが多い。 理由は様々であるが、 A) いち …
続きを読む
月を見ようぜ!!

. 満月を見たことある人? はあい。 全員が挙手。 三日月を見たことがある人? はあい。 これも全員。 4年生で、月の学習をします。 ◎月は、日によって形がかわってみえること。 ◎月は、時間によって、位置が変わり、動いて見えること。 月の観察。 本当は、全 …
続きを読む
【4年理科】夏の大三角形でロマンチックな学習に

. ① 七夕伝説って知ってる? 七夕の話。 だいたい、なんとなく知ってる。 知らない子もいる。 そこで、織姫と牽牛の話をする。 一年に一度、会える。 8月、夏休みの後半、夜、空を見てみると、 織姫と牽牛が、ちょうど真上にみえる。 夏の大三角形が、天球の真上に見え …
続きを読む
テントウムシで学ぶ

. てんとう虫って、知ってる? というと、なーんだ、そんなのみんな知ってるよ、と言う。 では、漢字で書いてごらん。 えーっ!! 「なーんだ、知らないじゃないの」 その後、 Yくんが、懸命に言った言葉が、衝撃でしたネ。 どんな虫か、見たことはあるけど、 どん …
続きを読む
卒業前に、おもしろ理科実験【ホントはどうかな?】

. 100V電源につないだ、テスターを用意する。 回路には、40Wの電球、および 5Wの電球がつながれている。 電気が通じれば、電球が光る仕組みだ。 回路の途中に、さまざまなものを挟んでみる。 ①金属スプーン 「スプーンを、回路の途中に挟みます。 …
続きを読む
【6年理科】水溶液~酸とアルカリ その3~

. 塩酸が強力な、酸性を示す水溶液だということを知った。 塩酸とは、塩化水素が溶けた水溶液だ、ということも教える。 塩化水素は、気体である。 塩酸は、「塩化水素水溶液」ともいいかえることができる。 ただし、塩素水(えんそすい)とよばれる、別の水溶液もあるから、 …
続きを読む
【6年理科】水溶液~酸とアルカリ その2~

.その1からのつづき。 9・炭酸カルシウムをクエン酸の粉末の上に直接おくと、溶けるだろうか。 「酸のはたらき」によって、カルシウムなどが溶ける場合があることが分かった。 わざと、子どもたちに、こう言う。 「ねえ、クエン酸の水溶液って、クエン酸を水に溶かしてつ …
続きを読む
【6年理科】水溶液~酸とアルカリ~

たのしい実験がつづく。 でんじろうになった気分だ。 「酸性」というのは、酸が水に溶けてできた水溶液があらわす、性質のことであります。 ほんとうはアルカリ、という性質についても、学習していくのですが、はじめは『酸』から。 『酸』、というものについて、きちん …
続きを読む
「こんぶよ、今まで、馬鹿にしてきて、すまん」

. 理科を教えていると、教科書の図に、あれ、と思うことがある。 たとえば食物連鎖などの図で、頂点にたつのは鷹のような猛禽類であったり、人間であったり、シャチやヒグマ、ジャガーのような大型の哺乳動物である。 その図だけを見ていると、いかにも頂点に『君臨』する …
続きを読む
微生物教育のすすめ

. 微生物教育の最大のメリットは、子どもが「科学の目」を養うことにある。 とくに、目に見えない世界を感じ、想像し、その世話を通して体験的に学ぶ価値は、他のどの教育とも比較して遜色がない。 これからの時代、21世紀の将来的な日本の戦略にも合致している。 微生物 …
続きを読む
いろんなふうに、考えられる、という件

. いろいろと考えるのが、面白い。 ああだ、こうだ、と考えを言い合うのが、面白い。 教科書と合っているかどうかが大事なのではなく、 俺たちは、こんなふうにも、考えることができたのだ、という自負。 瓶(びん)の中で、ろうそくの火を燃やし、蓋をしたら、しだ …
続きを読む