困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

カテゴリ: 政治・まちづくり

ハビビ元大統領と東ティモールのこと

今年9月、インドネシアの元大統領が死去した。 ハビビ元大統領だ。 その大統領が病床に臥せっているとき、お見舞いに来たのが、東ティモールの大統領。 つまり、宿敵が来た。 敵がきたから、緊張して迎えるのかと思ったら、なんと抱擁した。 ふたりとも、お互い両者とも、 …
続きを読む
韓国の悪口とアッポーペン

これはどこでインプットされたのかなあ、と不思議に思うことですネ。 韓国のことをどれだけ知っているのか、ほとんどなにも知らない小学6年生が、韓国の悪口を言っております。 おそらく、何の気なしに、というか、あまり意味なく、なにかそのフレーズを聞いたままに、その …
続きを読む
『土用の丑の日』を改革しよう!・・・水産庁の方へ

以下は、水産庁の方がひょっとしたら見てくれるかもしれないので書きました。 水産庁に所属する以外の方は、深く考えず、読み飛ばしてください。 ◎なぜウナギを食べるのか 7世紀から8世紀に編纂された「万葉集」に、ウナギを詠んだ歌があります。 石麻呂に吾れもの申す夏 …
続きを読む
ブラックとよばれて

11月ごろから更新がおぼつかない日々。 土日もほとんど無いから、ブログが書けない。 「最近、アップされる記事が少ないですが」 ある方からメッセージを頂いたが、申し訳のないこと。 夜、早く帰ってくればいいのだが・・・。 残業の上限は月45時間” 教員の働き方で …
続きを読む
学校の設計に世間が無関心であること

今の勤務校は、PTAがつくった学校だそうだ。 なによりも、学校を立ち上げる際には、村人がこぞってPTAの集会に集まり、どんな学校にするのか、1年生の教室をどこに配置するか、池をつくるかどうか、木は何を植えるか、芝生にするか、掃除のときのバケツの水を捨てる場 …
続きを読む
【非常事態】自分の命を救う防災教育を

5年生の社会で、日本の土地利用について学ぶ。 日本は南北、東西ともに細長くのびていて、大陸に接していない。 弧を描いて、大陸から離れている。 寒い土地もあれば温かい土地もあるし、標高も高いところ、低い所、いろいろとある。 また、海に接している土地もあれば、山 …
続きを読む
射幸心(しゃこうしん)教育のススメ

射幸心(しゃこうしん)と賭博行為は密接な関係にあり、日本においてつい先日まで、賭博行為が規制されてきた根拠は「国民の射幸心をあおるのは勤労によって財産を得ようとするという健全な経済的風俗を害する」という理由による。 ところがこれが改正されたため、日本は国 …
続きを読む
「人間は馬鹿だ」の前提で。

. 米テキサス州ヒューストン近郊のサンタフェ高校(生徒数約1400人)で18日朝に起きた銃乱射事件。 学校での銃乱射事件自体は、もう何度も何度もくりかえし、くりかえし起きていて、ニュースを聞くたびに暗い気持ちになっていたが、今回のニュースを聞くと、もう開き …
続きを読む
安倍首相について

. ふだんの会話の中で、 子どもが、安倍首相のことをひどく言うことがある。 わたしは道徳で、「ビーフカレーは辛いか、ポチは悪いか」という授業をする。 このカレーは、辛いカレー? 「いや、ぜんぜん辛くない、と感じる人もいそう」 じゃ、この犬は、こわい犬? …
続きを読む
「まずい給食」

. どこかの県で、給食からビニール臭がしたり、異物が混入している頻度が高いので、子どもが食べない、という話がニュースに流れていました。 自治体が新たに給食センターを運営すれば、こういうサービスは改善されると思いますが、 町や村には、そこまでの予算が無いのでし …
続きを読む
子ども 「じゃあなんで、ミサイル撃つの?」

. 先日の記事で・・・。 日本全国の小学校の教室で、 先生たちが、算数を教えたいばかりに、 子どもに、こう言っているかも、という話を書きました。 「ミサイルは、ぜったいに落ちません!落ちないから安心して!」 ところが、「落ちるかもしれないよ」と教えた先生 …
続きを読む
子どもへ北朝鮮ミサイルをどう説明するか?

. また、ミサイルですよ。 昨日の朝、テレビをつけたら、そればっかり。 わたしはうんざり。 通勤途中も、ずっと仏頂面でした。 なぜなら、教室に顔をみせたとたん、子どもたちから、 「ミサイルって、おちる?」 と、質問攻めにあうだろうから、です。 おそらく、だれ …
続きを読む
日本男児の生き方を指南!

. 兵隊をいかに「殺人集団」に仕立て上げていくか、という文章を 読んだことがある。 米軍の心理カウンセラーが書いた本。 ポイントは、 なにも考えさせないこと。 やれ! と言われたら、 ハイ! と、すぐに大声で、返事をし、身体を即座に動かせるように訓練するそ …
続きを読む
「わたし」が主語になる間は平和 ~Nスぺ731部隊~

. NHKスペシャルで、「731部隊」が取り上げられていた。 また、インパール作戦のことも先日、やっていた。 録画してあったその2つを続けてみて、考えたこと。 えらい人の主語が 「わたし」 でなくなってるときに、 人は、要らない事件を起こすみたいやなぁ〜。 …
続きを読む
残業0(ゼロ)に賛成

. 残業0(ゼロ)というのが、いちばんいい。 今の社会の仕組みの中では、核家族が多いからね。 子どものまわりに、大人はやっぱりいた方がいい。 それも、ゆっくりとした大人がいて、 なんとなく「静養」している雰囲気がいい。 忙しそうで、不機嫌でいる大人を見る …
続きを読む
ルールをつくりたい子

. Fさんが、 「先生、給食のおかわり、ルールを変えませんか」 と話しに来た。 4年生になったらルールがなくなっちゃったので、 復活させたい、と言う。 「3年生の時と同じルールがいいです」 それは、おかわりルールというべきもので、 おかずを減らした人は、おか …
続きを読む
ヒトラーは、いつか、くるのだろうか?

. トランプ大統領となり、世界的にナショナリズム礼賛の動きがありますね。 産経新聞は編集局長が 「トランプでいいじゃないか」 という見出しで文章を書いていました。 いいじゃないか!これからは日本もナショナリズムでいこうや、国民は開き直れ、というのです。 ところ …
続きを読む
NHKスペシャル マネー・ワールド 資本主義の未来(3)巨大格差 その果てに

.【番組の説明】近代資本主義250年の歴史の中で、現在は格差が最も広がっていると言われる。巨大格差の先には、何が待っているのか。元米国労働長官のロバート・ライシュ氏や、“世界一貧しい大統領”と呼ばれたホセ・ムヒカ氏ら知の巨人たちに話を聞く。 また、自らへの …
続きを読む
ミサイルか、それとも落雷か

. 先日は、雷の話でもちきり。 台風がちょうど迫ってきている、ということで、午後になって大雨になった。 授業をしながらも、ピカッと光って、大きな雷鳴がとどろく。 真っ黒な雲と、激しい雨。 授業中にしょっちゅう、外を見て、 「大丈夫かなあ」 帰りの傘の心配や、下 …
続きを読む
【学校改革】キーワードは、「飼い馴らし」

. ○掃除はだれもやりたくない、という前提で、掃除の時間枠に強圧的に行わせること。ルールを決めて人を役割に当てはめること。行動しない場合は罰を与えること。 ○給食は各自が個人的に食べること。みんなで分け合って食べる雰囲気をなくし、配膳当番も「人間は本来やり …
続きを読む
トランプ大統領

. 夏休み。 世の中のことを勉強するチャンス。 米国は大統領選に向けて、ヒートアップしている様子だ。 2016年11月8日に予定されている、第45代アメリカ合衆国大統領は、 ここまでの情勢をみると、 「トランプ大統領」 のようである。 共和党の大統領候補として、ドナル …
続きを読む
教室はミニ国会!

. 6年の先生が、口をそろえて言う。 「今年は、社会の授業がホントにやりにくい」 どういうことか・・・。 憲法が変わるかもしれない。 あるいは、現憲法の基本となっているものを批判する意見も、授業で扱わないといけない。 ところが、扱い方次第では、「政治的な中立 …
続きを読む
「・・・ということに、なってます」と教える公民

6年生。 歴史の授業が終わり、いよいよ公民分野。 最初に、憲法とか内閣、三権分立など、この国の政治の仕組みを習う。 今年は、語尾に注意して、教えている。 なぜか。 岩城法務大臣が国会質疑で立ち往生、というニュース記事を読んだ。 大臣の立往生。それは、国 …
続きを読む
ひとケアを中心とした学級経営~ウェル洋光台の記事を読んで~

. 「ウェル洋光台」というシェアハウスがあって、インターネットで記事が読める。そこに、 「人間は本来、贈ることが大好き」という文があって、とても共感を覚えた。 オーナー代行の戸谷浩隆さんは、こう語る。 (なぜ現代社会では贈り合う社会が実現していないのかについ …
続きを読む
町の幸福論―コミュニティデザインを考える 山崎亮

. 国語の教科書に、「町の幸福論」という題材がある。 (6年生 東京書籍 平成27年度発行) 教科書に「幸福」なんていう言葉が、堂々と掲載されていることに、少し驚く。 今どき「幸福」などという言葉を、大人が使うだろうか? 身近な人に聞いてみると、 「宗教クサイ …
続きを読む
人間の生きるリズムを忘れている政治

. 地球がボーッと回る。 雲が、スーッと流れる。 で、地面から音がする。 ドッドッド。 稲の刈り取り。 コンバインの音かな。 地面に寝そべってみる。 ため息が、自然と出てくる。 あくびも出てくる。 そばにあった石を、意味もなく、ふといじっている。 いきなり、人間が …
続きを読む
父「教科書に墨塗った」

. 終戦時、小6だった父は、実際に「墨塗り」をしたらしい。 「教科書に墨を塗った」という昔話はどこかで聞いたことはあったが、リアルに目の前の父からそんな話を聞けるとは思わなかった。 いやあ、本当だったんだ・・・ 墨を塗るのは、高学年の教科書の方が多かったらし …
続きを読む
『選活』(せんかつ)について

. 4月となり、職場にも新しい顔ぶれが登場した。 職員室が、なにかしら、華やぐネ。 ここには、 新しい人間関係が結ばれ始めた楽しさ、嬉しさ がある。 夜、歓迎会で、先生になりたて、ほやほやの同僚(青年)と話をした。 すると、彼が、 「いや、ぼく、就活(シューカ …
続きを読む
きちんと想像した人がまだいない件

前回からの、つづきです。 さて、そうやって責め合わない学校ができると、どうなっていくか。 そこから先を、想像していくのが、これからの仕事です。 だって、まだ、人類史上に、そんな学校の姿を、 きちんと想像した人は、 だれもいなさそうだから。 だれも責め …
続きを読む

. 産経新聞のコラムで、イスラム国は悪者で、9条を変えて、たたくべき(戦争するべき)と言っている。 http://www.sankei.com/column/news/150207/clm1502070003-n1.html これは、ふたつの主張をくっつけているのでわかりにくい。 分けて考える、単純化することで、整理し …
続きを読む

昨夜、まさかの学校に銃配備論のニュースをみて、しばらくいろいろと考えていましたが、今朝になって、ふと「狂人」の定義が、正しくないのではないか、と思い始めました。たとえば、以下のような意見が、アメリカ社会では喧伝されているようです。 「狂人による銃の乱用を …
続きを読む

仰天ニュース。 米コネティカット州の小学校で起きた銃乱射事件を受け、全米ライフル協会(NRA)は21日、記者会見し、「すべての学校に、武装した警察官を配置すべきだ」と訴えた。(朝日新聞デジタル 12月22日(土)11時35分配信) これが本当のことになった時、ぜっ …
続きを読む