困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

カテゴリ: ユニバーサルデザイン

「体と健康を守る」は賛同を得やすい件

. 「体と健康を守るため」 という大義名分は、おそらく普遍(ふへん)でしょう。 どんな意識で生きている人でも、王様であっても、我々のような下々の庶民でも、みんな同じだろう。 大会社の経営者であっても、上場間際の起業家であっても、みんな同じ。 田舎の爺様でも、 …
続きを読む

授業中、ここぞ、という場面にもかかわらず、「せんせい!」といきなり、だしぬけに言いだす子がいる。べつに、場の雰囲気を読めない子、というわけでもないのだが、なんだか1年生の時からの癖なのか、身体に関連することは、ただちに先生に報告せよ、とでも親に言われ …
続きを読む

諸説ある。人数は変わらないがそうと診断する姿勢の関係者が増えてきた結果、増えたように見えるのだという説。もう一つは、前頭葉のあり様が変化したことに関連し、実際に増えたという説。最初の説を信じている。わたしが小学生のころにも、今から考えると明らかに発達 …
続きを読む

LDの子のこと。「もう、おれなんか馬鹿だから、勉強なんかしたくねえ」自閉症っぽい態度も散見されるAくん。顔はかわいくて、背も小さいので、幼いころはうんとかわいがられて育ったような子だ。おうちの、お父さんがこわいので、叱られるとすぐにシュンとなる。きびしい …
続きを読む