困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

カテゴリ: 身体のこと、あれこれ

『土用の丑の日』を改革しよう!・・・水産庁の方へ

以下は、水産庁の方がひょっとしたら見てくれるかもしれないので書きました。 水産庁に所属する以外の方は、深く考えず、読み飛ばしてください。 ◎なぜウナギを食べるのか 7世紀から8世紀に編纂された「万葉集」に、ウナギを詠んだ歌があります。 石麻呂に吾れもの申す夏 …
続きを読む
健康を知らない。

一昨年でしたか。 四十肩をやりました。1か月間くらい、黒板にチョークで書くのがしんどくてたまりませんでした。 それでも黒板に字を書かねばなりませんから、上がらない腕をもう片方の腕で持ち上げ、身体を傾けて、さらに背伸びをしたりしながら、何とか授業をしていまし …
続きを読む
教員と『骨』との付き合い方

魚に骨があるように、人間にも骨がある。 そして、どうやら昔の日本人は、「筋肉よりも骨」で米俵をかついだらしい。 昔から腰が弱くて、1年に1度は 「いや、ちょっと待てよ、これ、あかんやつや・・・あかん、アカン、、、、」 となって、そろ~っと動いて、動けなく …
続きを読む
40代後半のオッサン、という事実

. わたしも事実は40代後半のオッサンになってきていて、職員室でも私より若い子が半数はいるのだし、〇〇主任、というやつばかり任されて忙しくて仕方がない。こういうときはもう本当に、心底、若いままで居たい、と願いたくなる。 最近、一番年を実感したのは、肩のこと …
続きを読む
花粉症のこと

タモリさんのやっているNHK、「人体」の番組をご覧になりましたか。花粉症のことをやってましたね。 私もスギ・ヒノキのアレルギーがあります。 もう毎年のことで慣れてきていて、薬で対処できることも分かっているので、さほどつらくはありません。しかし、正直、面倒でし …
続きを読む
花粉症に勝つ!!

. 日頃、何かに打ち勝とう、とは思わないのだが、 花粉症にだけは、なぜか 「打ち勝つんだ!」 という強い気持ちが湧いてくる。 今朝は、なんだか寒の戻りで寒かった。 それにも関わらず、わたしはパンツ一枚で、リビングに仁王立ちになる。 なぜか? 乾布摩擦が効く、と …
続きを読む
体温をあげにゃいかん

. わたしのまわりの友人たちに、ちょっと変わった人たちがいるが、一人が先日電話をかけてきて、 「ともかく、体温をあげにゃいかん」 と力説していた。 わたしがこのところイベント続きで忙しく、ついうっかりとその電話口で、 「ちょっと身体が疲れた」 などと、口走 …
続きを読む
自分の身体は、巷の情報より実感で。

. 久しぶりに両親と話したら、以前やっていた〇〇健康法とか、やめてしまった、と言っている。 長続きしなかった。 以前、実家の玄関に、商品のダンボールが積んであった。 今では、きれいに無くなってるらしい。 ちなみに、自分も無精もので面倒くさがりなので、なにも長続 …
続きを読む
なおしなおしの日々

. 朝、起きて手洗いに行ったのが、おそらく4時ごろ。 外はまだ暗かった。 それなのに、<教室でモンシロチョウを飼うための箱を探そう>と、ふらふらと庭に出て、物置に入った。 寝ぼけていたのかも。 荷物の奥の方に箱が見えたので、手を伸ばそうとしたとたん、足元の …
続きを読む

腰痛が快方に向かったのは、まったくの簡単な運動による。つまり、うつぶせになり、深く息を吐き、全身(おもに腰部分)を、しずむように地面につける。この簡単なコトを、毎晩くりかえし、地道に続けていたら、まあ1週間でかなり楽になり、「あれ?自分って、腰痛だっ …
続きを読む

職場の大先輩とお話。「やっぱり引っ張ってもらうと楽になる」「医者に、運動しろと言われて、走っている」「走ってる!?だめでしょう!そんなことしたら」「腰痛のレベルがちがうんじゃない?」喧々諤々とは、おそらくこういうことをいうのだろう。話している内容が、 …
続きを読む

腰痛対策のために不眠不休で検索をつづけた。田舎の母や父に電話していたので、お店に来るお客さんに聞いた情報、というのも飛び込んでくる。(ちなみに喫茶店を経営している)ありがたい。息子の腰痛がかつてない広報力で広まっていることに、なんら引け目を感じないら …
続きを読む

教師の仕事をする前は、システムエンジニアだった。深夜までPCに向かう毎日。頭がふらふらになって、帰宅する。ふとんにつっぷすように寝るだけの毎日。腰痛がおそってきたのは、そんな不摂生と、姿勢の悪さ、長時間にわたり椅子に腰をかけて立ち上がらない、という生活 …
続きを読む

男性の教員が使うロッカールーム。わが校のロッカールーム(職員更衣室)は、とても狭い。その狭い男性のロッカールームの、そうじ当番が回ってきた。ひとりでごみを掃いていて、気がついたことがある。それは、ごみ箱の中身だ。ごみ箱に、湿布のよれよれになったもの、 …
続きを読む