困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

カテゴリ: 小学校教員資格認定試験

【教員採用試験】ピアノと水泳を廃止!

BIGニュースが流れてきた。 なんと、教員採用試験からピアノと水泳が廃止されるという。 『教員採用試験、水泳とピアノ廃止 負担減で受験者増狙う』(朝日新聞デジタル) わたしはいくつかの県の採用試験を受けたが、もう他の若い子に比べて、ほぼ中年の域であったし、試 …
続きを読む

☆平成26年度教員資格認定試験 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/nintei/1347206.htm 朗報! 今年は一般教養試験がないため、もしかすると高卒だけでは受験できないのではないか、という憶測を掲載していましたが、そうではなかったようです!! つまり、これまでと …
続きを読む

朗報です。 どうやら、ぎりぎりになるまで、教員資格認定試験を事業として実施してくれる4年制大学が、 簡単には 見つからなかったみたいです。 ところが、簡単には見つからなかったけれど、 最後の最後で、事業者としてやってくださる大学機関が現れ、実施を予定してく …
続きを読む

認定試験についてのまとめ ・小学校教員資格認定試験は、今年度は旧国立(現法人)の大学が実施会場になるのかどうか、分からない。 ・そもそも、この認定試験のための予算が確保されているのか、現在のところ、不透明。 ・文科省は、この試験を実施する団体を募集している …
続きを読む

いやあ、よかったですねえ。わたしがお世話になった、小学校教員資格認定試験が、平成25年度も実施される予定のようです。ともかく、文科省の予算請求の項目に、しっかりと明記されています。これをよろこばずして何を・・・やったー!http://www.mext.go.jp/a_menu/yosan …
続きを読む

今日はよろこびの日、であります。やはり、再チャレンジのみとめられる国でした。日本は!なんて生きることの「しやすい」国なんだろう!すてき!文科省!さすが!文科省の官僚の方、ありがとうございます。高卒では無理だ、と周囲に脅かされた日、あの頃・・・。無免許 …
続きを読む

やりました!5月1日、開催決定が出ました!やはり、連休があって、通知を出すのが少し遅れていた、というだけでした。心配していましたが、杞憂でした!ホッ・・・!全国学校案内資料管理事務センターでは、「平成24年度 小学校教員資格認定試験 出願書類」の請求受付、 …
続きを読む

ウソにならない事を祈ります。下記のデータを見つけました。作成者は、文科省。昨年末、12月末に予算関係の書類を作っています。そこで、実施するとの文言を発見!うれしやな~下記をご覧あれ~!!!http://www.zenshihoren.or.jp/member/seigen/pdf/member_siryou_1201_ …
続きを読む

4月も終わると言うのに、まだ、発表がありません!いやな予感がします。平成21年度の報告に、「3~5年後には廃止を検討」とありました。(小学校教員資格認定試験の見直しについて平成21年5月18日 初等中等教育局教職員課)平成24年度の今年は、その3年後、に当た …
続きを読む

今年の認定試験情報はどうなっているか、気になります。なんといっても、数年前より、「そのうち廃止します」という宣言が、文科省から出されているからです。いつ、廃止になるのだろう、とやきもきしている方も多いと思います。この試験が廃止になった途端、なにが起きるか …
続きを読む

今年も、この時期が近づいてきた。小学校教員資格認定試験。その、2次試験の結果が、発表される。1次は6割。自分で、点数の大体の予想もつくから、合否のことにもある程度、めぼしがつく。しかし、2次は論述。それに、ダンスや面接、運動の評価もあるから、なかなか合否 …
続きを読む

●教育実習に行ってないけど教師です●2学期のおさめ会●小学校教員資格認定試験検索でたどり着かれた方、↑↑↑上記のリンク↑↑↑をたどっていかれると、いろいろと書いていますので、ご覧ください。教育実習を受けなくても、小学校の正規教員になれる。教育実習をせず …
続きを読む

小学校教員資格認定試験については、これまでにいろいろと書いてきている。小学校教員資格認定試験このことで、ひさしぶりにメールが届いたので、書いておく。小学校教員資格認定試験の見直しについて小学校教員資格認定試験の見直し、ということが取りざたされている。文科 …
続きを読む

6・自宅の机の周囲をかたずける気になれない7・会社から帰宅し、会社用の鞄を置くと、どっかりとねそべってしまう8・レポート用紙の置き場所を決めていないこれらについて書く。転職組が勉強していくのに、最大の敵が、『疲れ』である。「こんだけ疲れてるからな。今 …
続きを読む

1・近くに図書館がない2・図書館で検索の仕方がわからない。3・参考文献になりそうな本があっても(見つけても)、どうもピントがずれている本のような気がする。4・起承転結が書けない5・そもそも興味関心がわかない6・自宅の机の周囲をかたずける気になれない7 …
続きを読む

レポートでつまずく場合と、試験でつまずく場合。これまで、私が通信教育部の会合やメール、知り合い、その他、の相談にのってきたとき、この2つの説明をよくした。○レポートが書けない○試験で落とされてしまう実際、この2つの両方をパスしなければ、単位修得ができ …
続きを読む

履修計画が済んだら、次は、試験日程とレポートの締め切りを決める。すべての単位について、レポートの締め切りがある。それを、すべてこれもExcelのファイルに書き出し、さらに壁一面のカレンダーに記入した。このとき、赤ペンで本当の締切日を書き、緑のペンで、書き始 …
続きを読む

スクーリングとレポートと試験対策。通信教育で効率よく単位を取得するには、この3つが大切だ。しかし!!!これらの対策をあれこれ考えるより以前に、しておかねばならないと思ったのは、自分自身のマネージメントであった。それも、時間の。要するに、締切設定をした …
続きを読む

いろんな方から、コメントやメールをいただく。多いのは、やはり、教師をめざす方たちだ。それも、現時点、他の業種で勤務をされている人がほとんどである。私の経歴がそうであったから、なにかと参考にしていただいているようだ。私も、自分の記録が何らかの形で有効に …
続きを読む

大学中退、ということに、なんら引け目を感じなくなった。それは、やはり正規採用となれたことが大きい。民間企業では、大学中退、すなわち高卒、という肩書はどううつるのだろう。私はあまり学歴は重視されない零細?企業で勤めたので、そこのところがよくわからない。 …
続きを読む

教員資格認定試験がニュースになっている。追加合格者が5人出たそうだ。どうして採点ミスが発覚したか。読売新聞の記事では、「5人のうち自己採点した1人から「不合格のはずがない」と申し出があり、発覚。」とある。つまり、自己採点で、6割を突破していたのだ。教 …
続きを読む

その後、新しい年を迎え、お世話になった職場を去る準備を進めた。臨時講師の口があり、ほぼ確定できそうだった。いざ、そうなってみると、自分よりも周囲の人たちがスイスイと動いて、助けてくれた。後輩もよく仕事を覚えてくれた。また、会社の関係者からだけでなく、 …
続きを読む

私は大学を卒業していなかったので、なにはともあれ、大学を卒業することにした。ただし、教育実習は受けなくても良い。受けなくても、卒業に必要な単位数である125単位を取っていた。この4年間の努力がモノをいう。これで、正式に学士として認められ、卒業できるの …
続きを読む

さて、目的の免許を取ってしまったので、大学は行かなくても良くなったかというと、色々調べているうちにさらに次のことが分かった。つまり、ニ種の免許を持っていれば、大学で所定の単位を修めることで、一種にグレードアップできる、というのだ。私はほとんどその単位 …
続きを読む

試験は9月に行われる。会場は全国の大学、6会場。私は、横浜国立大学だった。前もって、教員資格認定試験の試験概要を取り寄せた。1次試験は、ほぼ学習指導要領からの問題だということが分かったので、指導要領を勉強しておいた。残暑の厳しい、暑い日だった。部屋は …
続きを読む

たまたま家のパソコンで、古いメールを読み返してみていたときだった。以前お世話になった上司(別の人)から、試験で免許が取れる、ということを教えてもらっているのを思い出した。そういえば、と思った瞬間、パァーッと悩みが吹き飛んだ。霧が晴れた気がした。それは …
続きを読む

3年が終わったとき、単位を計算してみると、ありがたいことに順調である。このままいけば、すべての単位を4年で取り終えることができそうだった。しかし、問題が残っていた。小学校の教職免許を取得するためには、教育実習へ行かなければならない。しかも、その期間が …
続きを読む

「新婚旅行、どこがいいと思う?オーストラリアは?」嫁さんも最初はこんな言い方で話題を振ってきていたが、見かねてなのか、「もう旅行、行かなくてもいいから」と言うようになっていた。正直、この言葉に救われた気持ちだった。「ちゃんとした教師になって、受験も合 …
続きを読む

「旅行になんていってる余裕ないな」自分の代わりができる人材を育てる時間がない。システムを自分が理解することだけで必死だったから、他の誰にも、十分に内容を伝えていなかった。自分ならなんとかできそうなことも、それを人に伝える、というのは膨大なエネルギーが …
続きを読む

式のことをいろいろと進めていくうちに、新婚旅行の話になる。嫁さんは、ピンク色のふせんを、ブライダル雑誌のここかしこに貼り付けながら、いろいろと話をする。けれども、これがむずかしい。新しい職場でいつの間にか、セキュリティ担当者になっていた。24時間、シ …
続きを読む

新しい職場では、元アメフト部、といった体型の大柄な先輩に受け入れてもらった。この人は、ちゃんとしたスーツを着ているのに、背中には山登りでもするような赤いナップサックをしょって、職場に通ってくる。さて仕事が始まると、最初の2,3日は気分よく、見学がてら …
続きを読む

電話の主は、かつて世話になっていた、元上司のSさんだった。「どう?元気でやってる?」相変わらずの早口で、こちらの様子を心配してくれる。ありがたかった。おまけに、ハナシの中身も、ありがたいことだった。Sさんは最近、旧友と会う機会があった。その相手が人を …
続きを読む

嫁さんは元気に、まっ赤な自転車をこいで、短大に通いはじめた。私は仕事をしながら、レポートを気にする毎日。派遣の仕事は、F社のコールセンター。パソコンの疑問や故障相談の、電話受付だった。どんな仕事でもいい、と始めた仕事だったが、困ったことがあった。それ …
続きを読む

まず、免許取得。通信制大学に通うことにした。始めてみると、ドサッと届く、教科書やレポートの課題。これらを定期的にこなし、さらに土日には試験やスクーリングが待っている。しかし、これしきのことで、免許がとれるならたやすいもの、と始めた。通常、大学に通うな …
続きを読む

30歳で教師になろうと思ってから、最初にやることについて。最初に、現在やっている仕事について、見直しをしなくてはいけません。つまり、「今の仕事を続けるのかどうか」これが大問題。今のままで、教師になるための準備ができるのか。相当、悩みました。私の場合、 …
続きを読む