元エンジニア・新間草海先生の『叱らないでもいいですか』

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「天職」と「困らない」生き方。
高卒資格のまま愛知の小学校教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

カテゴリ: 教育技術・授業あれこれ

あなたは悲観的な未来を描くかそれとも・・・

小学生こそ、今の世の中について意見を言わなければならない。 なぜなら、「当事者だから」。 あきらめ気分の大人を叱咤激励するか、あるいはお疲れ様、と大人の肩をやさしくたたくか。 いずれにしても、 「当人たちが生きて働き、夢を持ち希望をたずさえて、子どもを産み育 …
続きを読む
加速する未来への『心の準備』を小学生とともに

〇空飛ぶ車 〇量子コンピュータ 〇3万2000の遺伝的疾患 〇寿命脱出速度の加速 〇培養肉 〇量子ドット 〇脳が直接インターネットに繋がる 〇メタ知能 〇学歴の意味はなくなる 〇水がもっとも希少な資源となる 漫画<アキラ>の中で、大友克洋氏はオリンピックの中止を予言した …
続きを読む
GOOGLE市政の教員よ、結束を

GOOGLEのChromebook を使うようになりました。 文科省は「一人一台の端末を使え」と指示しました。 しかし、その端末を Apple社の IPADにしろ、とかGOOGLE Chromebook  にしなさい、と命令したわけではないのです。 市の教育委員会も、悩んだでしょうね。 どうするのか …
続きを読む
【6年社会】日本国憲法の3つの原則を学ぶことが困難すぎる

政治の基本である憲法を学ぶのに、なかなか子どもたちも苦労します。 第一、国民主権が当たり前、という子どもたちに、その価値を教えるのが難しい。 1946年まで、「大日本帝国」だったこと。 天皇主権だったこと。 国民の基本的人権が保障されていなかったことなど、 今 …
続きを読む
市長さんに言えば?(請願権の学習)6年社会

6年生の社会を教えるというと、たいていの人は「ははあ、歴史でしょう」という。 ところが教科書が変わり、なんと日本国憲法から学習することになった。昨年度からである。 でも、残念なことに、くいつきは悪い。 なんといっても法律とか憲法とか、むずかしい言葉の羅列で …
続きを読む
『ずるさ』の学習~トーンポリシング~

道徳で、『ずるさ』を考えた。 ずるいという意味が人によって異なるため、一応の定義をしなければならない。 基本は「相手を自分の思う通りに操作しようとする」動作を「ずるい」と規定した。 意見を押し付けようとする動作はすべてこれにあたるから、意見の押しつけはすべて …
続きを読む
1学期の最初の授業【国語】

【発問1】『先生が日曜日の朝に必ずお庭でやっていることは何か』と聞かれて、当てることは可能か不可能か、どちらですか。 可能→25人 不可能→10人 〇可能と思う理由(わけ) ・たくさん意見を出していけばそのうち当たるかもしれないから ・ヒントを出してもらえば …
続きを読む
【黄金の比較原則】45分の小学校授業で最大活用

~小学校の授業で、ベン図を最大に活用するために~ 【黄金の比較原則】とは、以下のようなものであります。 比較のよさを知る、体験することが大事だ。 そこから「では次は、あれとこれを比較してみたい」という意欲につながるからだ。 学習の意欲、それも単発ではなく …
続きを読む
【5年国語】大造じいさんとガン・あかつきがなぜ真っ赤になるかとベン図のこと

「東の空が真っ赤に燃えて、朝がきました。」 ここで椋鳩十がなぜ、『真っ赤に燃えて』と書いたのか。 表現の工夫を見つけよう、という課題で、数人の子がこの表現(叙述)に着目した。 「これは、そのあとに大造じいさんがぜったいにしとめてみせるぞ、今日こそはつかまえ …
続きを読む
「先生!比較するのに、ベン図を使ってもいいですか?」

深い学びに至るには、について、前回の続き。 小学校の理科だと、思考の深まりを次のように計画しておりまして 3年生で比較 「くらべてみてどうか、ちがいは、おなじところは」 4年生で関係付け 「Aが増えてもBは変わらない。だから、AとBは関係がない。もしくは、Aが増え …
続きを読む
思考ツールを使いこなす児童に育てる ベン図が第一歩な理由

小学校の学習指導要領が新しくなり、「見方・考え方をはたらかせて」という文言がどの文書にも見受けられるように変化した。 たとえば、国語では 言葉による見方・考え方を働かせ,言語活動を通して,国語で正確に理解し適切に表現する資質・能力を次のとおり育成することを …
続きを読む
『雑』の側からは『繊細』の側がよく見えない

多くの教育者が 「子どもには、少しずつ与えよ」 と言っている。 これは子どもが自己形成するにあたり、雑(ざつ)な感性を育てるか、繊細(せんさい)な感性を育てるか、という2つの道があり、まあ教育的には、雑よりも繊細が良い、と考えるからでしょうね。 なぜ繊細が良 …
続きを読む
戦争とはなにか~やなせたかしの伝記から~

光村図書の国語教科書には、やなせたかしさんの伝記が載せられている。 やなせたかしさんといえば、アンパンマンの作者であり、「手のひらを太陽に」の作詞家としても有名だ。子どもたちにきくと、手塚治虫よりも「やなせたかし」の方が知名度が高い。 「おれ、今でも部屋に …
続きを読む
今年はユーチューブを始めたい

ユーチューブをやりたいと思ったのは、すごく面白い動画に出会ったことがきっかけです。 昨年の9月ごろでしたか・・・。 わたしはそのころ、5年生のキャンプを控えていました。 土日になると飯盒炊飯の動画を見て、子どもへの指導の方法を考えていました。たまたまその中 …
続きを読む
前転を10回した後に後転ができるかどうか

1週間ほど前だろうか。 Tくんたちが、熱く討論をしているのを見た。 めったに議論などしたことがなさそうなTくんなので、なにごとならんと近寄ってみると、どうも「目が回るということ」について話しているようだ。 Tくんの周囲にいる数人も、まあどちらかというと論理 …
続きを読む
絵をどう見るか

今週、おくればせながらの参観日があった。 参観日に合わせて各学年の廊下には、ずらりと秋の図工作品が展示された。 いろとりどりの水彩やクレヨン画が、廊下の向こうまで壁面をうめつくす勢いだ。 4年生はソーラン節の絵が飾られた。 人間を描くのだから、とてもむずかし …
続きを読む
SDGS持続可能な体育

持久走大会が開催される。 昨日、子どもたちにそのことを伝えた。 いろんな反応がある。 やる気十分の子、文句ばかりの子、と分かれる。 なんで文句が出るのか、ちっとも理解不能である。 だって、持久走って楽しいじゃないですか。 みんなフーフー言って走るし、へばりそ …
続きを読む
【国語科の宿命】5年生の国語もえぐい

教科書に、広島の原爆をテーマにした作品が掲載されている。 8月6日、8月9日、8月15日には国民がみな戦争の悲惨さを思い返し、不戦の誓いを立てる我が国のことである。教科書に、これが掲載されても不思議はない。 ちなみに、今の小学生はおどろくほど、そのあたりの …
続きを読む
【社会科の宿命】5年生の社会はえぐい

5年生の社会科に、もっと世間の目が集まるとよいと思う。 この中身はどうか、ということを、マスコミが報じたり、テレビでタレントが討論したり、それについての関連本が売れたりするといいなあ、と思う。 なぜかというと、5年生の社会とは、今の日本を学ぶ、ということだ …
続きを読む
【11歳】大縄跳びがきらいなあなたへ

拝啓 あなたの担任になって、もうかれこれ半年以上が過ぎました。 春、見事に花を咲かせいていた校庭の桜はすっかり落ち葉になってしまいました。 そして、その落ち葉の掃除も、もう終わりました。 時の流れははやいものですね。 さて、大縄跳びがきらい、と断言したあなた …
続きを読む
【ついに】『ごはん論法』が教室でも!

ごはん論法、という言葉はどれほど一般的か、分からない。 わたしもたまたま姉との会話で教えてもらっただけで、ふだんからニュースもテレビも見ていないから、ちょっと知らなかった。 ちょっと調べると、こんなふうに紹介されている。 ある言葉にAB二通りの意味がある場合 …
続きを読む
【5年社会】漁港はどこに多いのか

【指示】魚を食べたことがありますか。 食べたことのある魚の名前をノートに書きましょう。 グループで、出した意見の数を発表。 寿司を表示。 【指示】全部、言える人、挑戦してみましょう。 ⇒クラスで数人に挑戦してもらう。⇒板書。 これらをすべて、水産物、とい …
続きを読む
【漢字の学習】1学期末テストの反省

漢字テストの出来が良くなかったので、振り返り。 ①漢字を読めるようにしたい この1学期、4月当初のテストで前年度からの学習不足がみえている子たちをみてきました。 すると、まず、読めない、ということがある。 漢字を読めなければ、ぜったいに書けませんわね。 なの …
続きを読む
【DNA】コロナウイルスと先祖の関係は?

コロナウイルスのような感染症は、人間にとっての脅威だ。 このような感染症と人類の戦いは、過去にもあった。 一番古いのは、現生人類ホモサピエンスが、気候の安定とともに、アフリカを出て、各地へ進出しはじめたとき。 これは大冒険だった。 それまでには経験しなかった …
続きを読む
悪口を言った理由など、ぜったいに聞いてはならない

勤務校に、教育実習生が来ておりました。 コロナでたいへんな時期ですが、人材確保は必要なので、受け入れたのでしょう。 まあ学校は大勢の人が出入りをしておりまして、業者も荷物を搬入するし、PTAの親たちも、ふつうに校内で会合をしております。 教育実習生はたいへ …
続きを読む
【5年国語】俳句で日常を~短縮バージョン~

コロナで詰め込みになってるが、仕方がない。 年度内に遅れた分を取り戻す、というのが教員の間では強迫的に義務化している。 でなければ、どんなに叱られるか・・・ 通常の仕事は世の中を豊かにするために実行されるものだが、本来の目的を失う場合がある。 叱られないため …
続きを読む
【5年国語】和語・漢語・外来語

教科書の例文から、和語、漢語、外来語を知る。 どのような語があるか、みる。 それらの区別をしてみる。由来など。 それぞれの語から、受ける感じなどを確認する。 1)教科書の題材から、和語、漢語、外来語をそれぞれ2つずつ見つける。 2)それぞれどんな言葉を見つけ …
続きを読む
【原因と結果】こたえが2になる式を書きましょう。

国語の時間がとれないので、道徳の授業として【原因と結果の授業】つづきをやることにした。 以下、授業プラン。 学習問題①:こたえが2になる式を書きましょう。 4-2 6-4 1+1 1000-998 【原因】いろいろとある【結果】2 このことからわかること: 〇た …
続きを読む
【5年生・国語】「満員電車に乗ったので、コロナに感染した」

国語の説明文の学習。 原因と結果とを結び付けて書く課題がある。 たとえば、「前日に雨が降ったので、野球の試合が中止になった」という風な。 5年生ともなると、説明文がだんだんと難しくなってくる。 つまり、筆者が具体例を挙げて説明し、結論を述べるくだりを、『なぜ …
続きを読む
体育の授業【幅跳び編】~3分前の自分を越える~

『自分を越えろ!』 というのが、走り幅跳びのテーマである。 前回の記録をわかりやすくしておく。 友達とペアで記録しあうようにする。 ところが、いちいちメジャーなどで測る時間がもったいない。 それで、砂場に何本もひもを敷いておく。それを目安にすればよい。 【 …
続きを読む
【5年社会】あたたかい土地のくらし・沖縄ジュゴン

社会の授業。 子どもたちの意見が面白すぎて、毎回マスクごしに笑いをこらえている。 1つめは、シーサーの写真。 シーサーの部分だけを隠して表示すると、屋根の上になにかがある、と見える。 発問:ここに何があるでしょうか。 どうしてそう思ったのかも、理由を言ってく …
続きを読む
『龍の子太郎』を教科書に

たしか私は小学生の2年生ころだったかな・・・昭和のこと。 もう本当におぼろな記憶。 先生たちにうながされて、体育館に入っていくと、見知らぬ人たちがいる。 彼らは演劇をしてくれるお兄さんやお姉さんたちだった。みんなで迎えてくれた。 一人のお兄さんはなんだかジャ …
続きを読む
【道徳】分かるとは何が分かるということか

A「なあ、きみ。ぼくは気づいたんだ。ツバペッペイさんは本物の悟りの人だと」 B「それはすごい。でも、だれ?その人・・・」 A「とにかく真理を話すんだ。一度講話を聴いたらもう忘れられない」 B「へええ。よかったねえ。面白い話だったんだな」 A「あの目、あの …
続きを読む
【道徳】嫌い、ということの誤解をなんとかする

文科省は基本法や指導要領で、とてもいいことを言っている。 わたしは基本的に、文科省のいうことは常識的で、素晴らしいと考えている。 よく読んでみると当然だが、人権的な配慮にあふれている。 というよりも、人権的にまちがったことを書いてある場所は皆無である。 差別 …
続きを読む
【小5国語】なまえつけてよ~認知理論哲学になっていく文学教材~

蜂飼耳さんの「なまえつけてよ」という物語。 授業のねらいは「登場人物どうしの関わりをとらえ、感想を伝え合おう」だ。 以下、授業プラン。 【第1時間目】 かんたんに全体の把握をめあてに音読をした。 その後、 登場人物をおさえて⇒あらすじ確認⇒場面分け 【第2時 …
続きを読む
蜂にジュースを

5月の連休中、庭仕事をしていると、 ぶーんという羽音が聞こえました。 ふと顔をあげてみると、なんと、でっかいスズメバチです。 スズメバチの顔を、間近に見てしまいました。 やや、図鑑と同じや! でかい、でかすぎる! すぐに畑の方へ、飛んで行ってしまったので、安 …
続きを読む
おそらく教科書に載る~トイレットペーパーの買い占め転売~

このたびのトイレットペーパー騒動、すごかったです。 おそらく将来、このことが、教科書に載るでしょう。 そう考えるのは、すでにそういう事例があったからです。 実は、1970年代にオイルショックがありました。当時の騒動の様子が今の教科書に載せられていて、なぜそ …
続きを読む
6年・理科 水溶液の学習・前半

「酸」と黒板に書く。 これ知っている? すぐに出るのが、炭酸。 炭酸ってなあに、と尋ねると、 「ジュース」 「コーラ」 「メントス」 「しゅわしゅわする」 「あわみたいなやつ」 身の回りの「酸」について調べよう と黒板に書く。 炭酸が出たから、すぐに炭酸のペ …
続きを読む
【6年・歴史学習】大日本帝国万歳!

2学期の学習のまとめをするために、歴史新聞をつくった。 各自で、もっとも書きやすいテーマを選んだ。 いくつか、書く方法がある。 1)当時の新聞風に(きっと、当時、こういう新聞が発行されただろう的な) 2)偉人のホンネ(世の中的な評価はともあれ、実際はこんな …
続きを読む
「神話」教育、その後。

今の6年生は、1年生で入学したときにすでに「神話」教育を受けた子どもたちです。 だから、いちおう、日本の神話を知っている。 いなばの白うさぎも知っているし、大黒様も知ってる。 大国主命(おおくにぬしのみこと)も知ってる。 教科書に載っているため、みんないちお …
続きを読む
【ヘイト防止授業】「自分は良くて、相手がいけない」の病理

教員がよく遭遇する子どもどうしのトラブルで、こんなのがある。 Aくんが筆箱を投げた。 Aくんが先生に注意された。 A「だって、Bくんだって投げたんだよ」 先生「それは言い訳にはならないよ。ともかく、教室でものを投げたら危険だし、ダメでしょう」 A「なんで先生は、お …
続きを読む
カレーライスを食べる→敬語だと?

6年生で、「敬語」を学習します。 いわゆる、『尊敬語』とか『けんじょう語』とか、とよばれているものです。 ていねい語とは、「です」「ます」などをつけてていねいにする言葉。 けんじょう語は、自分の方がへりくだることで、相手を尊敬するようにする言葉。 尊敬語は、 …
続きを読む
【6年社会歴史授業】焼き場に立つ少年 再び

またこの時期がやってきた。 6年生。 社会、歴史の授業。 『太平洋戦争』について。 授業の最初に、この写真を見せました。 しーん。 日本は、アメリカ・中国などと戦争をしました。 この写真は、その戦争が終わったすぐ後に、長崎で撮影されました。 撮ったのは、ア …
続きを読む
mite! アレナスの鑑賞授業やってみた その2

さて、前回のつづき。アレナスのティーチャーズキットを使って、鑑賞の授業をやってみた。基本方針は、「討論になりうる要素をできるだけのがさず焦点化し、討論にもちこみ、わかりやすく<一人では鑑賞できなかった要素を感じ、対話しながら鑑賞することの楽しさをしる>こ …
続きを読む
mite! アレナスの鑑賞授業やってみた その1

数年ぶりに、mite! の鑑賞授業をやってみることにした。行事や勉強に追われて、なかなか時間がとれなかった昨年と一昨年。でも、6年生の担任となり、2学期の後半、行事が一段落してちょっと余裕が出てきたこの時期だから、思い切ってやってみました。アレナスの本を引っ …
続きを読む
【道徳】「わからなくなる」ための問題とは

対話ができるようになるためには、「わからなくなって頭の中が白くなる」ことが重要です。 その体験を生み出すための、しかけが要ります。 わかりやすい道徳の授業として、下記を紹介します。 道徳の授業プランに、近頃流行しているのが、「どう、解く?」のシリーズである …
続きを読む
【道徳】対話になるかならないかは〇〇にかかっている

対話するためには、何が必要か。 それは、「あれ?本当に、おれ、わかってないな・・・」という体験だ。 「自分はわかっている、知っている」という意識が少しでもあれば、対話にはならない。 文科省は次代の教育の根幹に、「対話」を掲げた。 対話するためには、本当のこと …
続きを読む
心のエネルギーを育てる水彩画とは

ずっと、谷内六郎さんの絵は、油彩なのだ、と思っていた。 それは、私が子どものころに親が買っていた「週刊新潮」の表紙を見ても、そう思っていたし、その後もどこかで見かけるたびに、油彩だ、と思いながら見ていた。 しかし、それが、水彩だと知って、あらためて衝撃だっ …
続きを読む
5年国語光村図書 『なまえつけてよ』その2

★2020年バージョンの記事を追加しました。こちらです。 --------------------------------------- ★第三場面★ 勇太って、こんなところがあるんだ。 Dくん。「こんなところって、どんなところか」 シャイなだけじゃなくて、人にプレゼントするくらい勇気のあるところ。 …
続きを読む

★2020年バージョンの記事を追加しました。こちらです。 --------------------------------------- ★第一場面★ 「Aくんが、ちょっと不思議な感じと言ったけど、どこかわかる?」   最初の場面に限定して、問う。   おばさんと子馬に手をふると、春花は歩きだした。 …
続きを読む