新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
行き過ぎた感情を、処理する方法。

感情をどうするか、というの、

とくに誰かから、教わったり、習ったりしたことがない。




子どもたちと話していても、

「むかつくから」、「イライラしたから」、「カッとなって」、

というような言葉が、出てくる。

こういう種類のフレーズしか、習っていないからかも、と気づいた。




よく聞く、「つい、カッとなって」、というやつ。

こんなの、よく表現できたなあ、と感心してたら、ハッと気づいた。

これ、自分で考えた表現じゃないわ。どっかで、読んだり、聞いたりしてるわ。





ためしに、身近な人間に、

「ねえねえ、ついカッとなって、〇〇しちゃった、という表現あるでしょう?」

と聞いて回った。

「その表現って、言うことある?これまで、言ったことある?」

すると、みんな、

「あるよ」

と言う。



そこで、

「その、ついカッとなって〇〇しちゃう、みたいな文章って、自分で考えたの?」

と聞くと、

「いいや。どっかで聞いたり、読んだりしたのだと思う」




つまり、この、

「つい、カッとなって、〇〇しちゃう」

という文章表現って、どこの誰が考えたかしらんけど、

長きにわたって、日本の中で、ずいぶん流行し、使われてきた、ということらしい。

流行語大賞がとれる!


これ、表現、とか言い方、という問題ではないな。

頭に来たときの感情の処理の方法なんだ。

頭にきたら、何かに当たる、というの。

「そうするものだ」と、刷り込んでる。

その「刷り込み」が、具体的に、後々の世代へと、

きちんと受け継がれて行っている、ということ。

まさに、『言霊(ことだま)』、と言っていいレベルで。



つい、カッとなったら、数える、という人はあまりいない。

というのは、日本語ではまだ、

「この間、ついカッとなってしまって、数を数えたよ」

という文章表現が、人々の人口に膾炙してないからだ。



一度、日本人全員で、流行させてみたらいいと思うね。

別なパターンを。

カッとなったら、

数える、とか、散歩する、とか、甘いもの食べる、とか。

そしたら、

「ついカッとして、〇〇しちゃった」というのが、ふつうである、
と思い込んでいたところに、ちょっとした変化が起きる・・・かも。




我々は、ふだん使われてきた日常のフレーズから、

言霊にあやつられるようにして、

「これが当たり前だ」 「これが男(女)らしいのだ」 「これがあるべき姿だ」 というように、

これが正しい、とされる感情表出と感情処理の仕方を、学んできているようだ。




いったん、そこをぶちこわすのが、これからの道徳教育、ということになっていくだろうネ。

似顔絵2

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 2. 新間草海(あらまそうかい)
    • 2017年08月26日 17:44
    • uzumakiさん、こんにちは。
      けっこう、人間はふつうそうするものだ、と思い込んでいることの中には、実は自分が望んではいない行動様式や所作がありますね。自分もこの文章を書きながら、もっと自由になりたいものだ、と思いましたネ。
    • 1. uzumaki
    • 2017年08月26日 10:46
    • お久しぶりです。夏バテなどされずに元気にお過ごしでしょうか?
      「カッとしたから〇〇してしまった。」と言う表現があることで、その言葉に対応するであろう行動(この場合の行動はほとんどが良くないとされるものだと思うのですが)が全て正当化(とはいかないまでもまぁ、しょうがない的に受け入れられてしまう)ことが恐ろしいですね。
      それを言い訳として許容されちゃうと言うことが。
      言葉って気をつけないといけないものなんですね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット