新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
子どもといっしょに、図書室で図鑑を読む。

小学校の図書室には、高級な図鑑が何種類も置いてある。

「ポプラディア」の大図鑑とか、知ってます?

・・・絵も写真も、すごい量ですよ。

きっと、予算が潤沢なのでしょう。(国の将来を考えたら、スバラシイことだ)



そこで、ふと疑問に思うのは、

「なんでこの世の中は、こんなにも多種多様であるのか」

ということ。


この疑問は、幼い時から、ずっとわたしの心の中にある。





図鑑のページをめくるたびに、

こんなにも色とりどりの、

こんなにも大小サイズの異なる、

こんなにも複雑で形のちがう世界が展開されていくことに、

めまいを覚えるほどだ。

子どもも、どうもそうらしい。




わたしが必ず図鑑を一緒に読む、Sくんは、

「先生、図鑑読もう」

と、図書の時間に誘う。

わたしが図鑑好きなのを知ってるから、ネ・・・。




そこで、お互いに、

「うぉッ!!」

だの、

「これ、すげー」

だの、言いながら、ページをめくりあう。



最後におなかがいっぱいになったような気分で本を閉じ、

「いやあ、すごいねえ(世界って)」

と、顔を見合わせる。



「先生、今度は動物じゃなくて、魚を読もう」

「ごめん、もう動物だけでおなかがいっぱいになった」

「あそう」

Sくんは、ひとりで、魚図鑑をめくりはじめる。




図鑑を読むことの面白さは、見終わった後の、

「うーん、多種多様すぎる・・・」

という、一瞬、クラクラするような、頭の中の振動の『余韻』を味わうことだ。



なぜこれほどまでに、生物というのは、そして地球環境というのは、

多種多様なのか。

神様がひとりでつくったと西洋の人には信じられているらしいが、

神様もひとりで数百万種類の昆虫を考え出すのは、相当な苦難としんどい思いをしただろう、と思う。




そして、ふと、

もともと、世界は一つだから、多種多様なんだなー、と、思う。

もともと一つでなければ、こんな多種多様にはならんもの。
お互いが、お互いの存在を決して許さず、滅しあうだろう。

一つだから、「多様」と存在し、
多様だから「一つ」、と言えるのだろう。

IMG_0347

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (3)

    • 3. とも
    • 2017年07月08日 21:00
    • 安心、お互いがほんとですね。ありがとうございます(^^)
      先生の言葉やブログに支えられたり、そぅ、それ‼‼ってモヤモヤをスッキリさせてもらい有り難い!ありがとうございます。またお邪魔します!
    • 2. 新間草海
    • 2017年07月08日 10:17
    • ともさん、こんにちは。おふくろさん弁当の講演会に来ていただいてたのですね!ありがとうございます。
      小学校の専科ですか、小学校の分刻みスケジュールに驚いていらっしゃいますね。(笑)しだいに慣れると思いますが、はじめのうちはいろいろと大変でお疲れだと思います。ご自愛くださいね。
      話しかけても話さない子がいる、ということですが、ともさんがこうして見守って下さっている気持ちはなにかしら伝わっていくと思います。照れたり用心したり、雰囲気を観察するとか、子どもなりのペースがあるかと思います。話さないでも、十分に楽しんでいる子もいるし、どう返していいか分からないとか、返すことで相手の雰囲気が変わったらどうしよう、と先回りして心配していることもありますよね。ともさんがともさんとしてともさんの味を出し続けることで、相手が安心するかと思います。ともさんでありつづけることでしょうね。一番の対処法は・・・。
      勝手なことを書きましたが、小学校生活、たのしいことばかりですよ!またブログ見てくださいね!
    • 1. とも
    • 2017年07月08日 06:43
    • 話しかけても話さない生徒はずっと見守りますか?
      私が笑って話すと隠して笑う姿がありました。思わずあっ笑った!ってゆーてしまった。笑
      ちなみに私は前月、おふくろさん弁当の講演会に参加させて頂きました。なんと奇跡&お陰さまで、今後から当然小学校の専科として働いてます。だからほんま先生にあえてよかった❗笑
      仕事量や分刻みの子どもたちにびっくり仰天ですが、まぁ、ほんまにみんなのまんたんな心と顔と身体を!ってまだ何にもわかってないからそう思っています。笑
      質問の話、もどします🙇💦
      周りの先生に聞いたり、本人にきく、ごめん今はやめとくわとたちさる、すれ違ったら挨拶する。
      学校の先生方も周りの子もよい雰囲気だから来ているけど、もっと自分だしたら怖いこともあるけどもっと学校楽しいのに!ともったいないとあくまでも私はそう感じます。
      この今の感覚をこのままにしとくと忘れてしまうというか、今後忙しくなったら仕方がないかってラインが増えるというか、大切なこと流したり見落としてしまう自分になると思います。汗
      今、無知な私が感じる思いやし、専科であんまり授業では会わないから、へんに関わりをもちよけい閉ざしたらあかん。でもこれも自分の感じる感覚だけど、そこまで閉じてない感じを感じ。時間を共有してこれからその子のすきな事とか、わかってくることもあるから、なにもしないも大切とも思うけど、なんかうーん…って感じです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット