元エンジニア・新間先生の自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「天職」と「困らない」生き方。
高卒資格のまま愛知の小学校教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
毎日、いろいろと話し合っていると、

なにかの流れで、

クラス全員、幸福になりたいと願っている

と、判明することがある。



そんなもの、人間だもの、当り前じゃないのか、と思われましょう。

しかし、実は、「幸福」という言葉ほど扱いにくいものはないので、

きちんと解明してみないことには、分からない。
クラス全員が、「満タン」になりたいと、願っていたこと

このことに、改めて気づいて、へ〜〜、となる。

「はー、やっぱり」





で、意外なのは、

「え、先生も?」


ということであります。


小さな子どもたちからすると、

まさか、先生も、満タンがいいとは

ということもあるようで・・・。

「えっ?先生も、なの?・・先生はもういいんだと思ってた」




大人はスーパーでスペシャルなので、

もうそんな領域はとっくに超えていて、

満タンになりたいなどとは、思っていないのではないか、とどこかで思っているらしい。




もう一つ、意外なのは、

「学校では、そんなふうなことは考えちゃいけないと思っていた」

というもの。


堂々と、満タンタイムをやってしまうことに、どこかしら、

「え?こんなに堂々とやっちゃって、いいのかなあ」

と、はばかるものがある。


学校とは、苦難に耐え、ひたすらにどこか遠くにある目標をめざして歩むところ。

だから、今、自分の内面をFULLにすることなど、とんでもない堕落した行為だと、

子どもも、どこかで思っている。



「本当に、満タンになってしまって、いいのだろうか・・・」

すでに7歳、8歳にして、これを思い悩む子がいるのですが。

自分のために時間を使うことの恐怖。

この恐怖、要る?

family_happy
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック