新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
(「困らない」への道 その1より つづき)

教師になってからは、仲間に恵まれた。

現場の、同じ職員室の仲間や先輩にもめぐまれたが、

なによりも、同じ地域ですごす、気の置けない友人たちがいた。

わたしの話に、親身になって、耳をかたむけてくれた。


わたしがときおり、

「学校の話、きいて」

と出すこと、こんなこと考えてる、ということ、深呼吸するように、思って出すことを、

家族の居間のような雰囲気で、何度もきいてくれた。

その座談会の場所を提供してくれていた、宿のご主人もいた。


また、なによりも、わたしを育ててくれたのは、子どもたち。

ていねいに話をしていけば、それが通じているよ、と答えてくれた。

こんなふうにしていきたい、と伝えれば、いっしょにやろうよ、と応えてくれた。

先生、こんなふうにしたいよ、これがおもしろいよ、と教えてくれた。

幸福でありたい、と毎日わたしに伝え続けてくれ、教えてくれたのは、子どもたちである。



さらには、このブログも大きい。

気づくと、もう10年になる。

ほぼ毎日のように、書き続けてきた。

これが、わたしの「ひとりごと」。

わたしが想像した人へ、なにかわたしの言いたいことを、受け取ってくれそうな人を想像しながら、

毎日ここでこうやって書き続けて、頭の中のことを表しつづけていると、

ふと、だれかに通じているような気がして、落ち着いて初心(というのか?)に

かえることができる。


なかには、ときおり、コメントや励ましのメールをくださる方もいる。

三重県には、そんなわたしを呼んで、「いっしょに話をしよう」と言って下さる方たちも、いる。



書いてきてよかったなあ、と、このことでも、そう思える。

書きながら、自問する日々。

今は、着実に、明るく、ひたすらに心地よい道を、歩んでいる。



先日、また、わかい大学生から、メッセージをもらった。

ブログを見て、という人。

教師になろうかどうか、と思っているそうだ。

「教師がブログを書いているのはいろいろみたが、こんなふうに教室の風景や出来事、教師の心理を描写しているブログは、少ない」とのこと。

自分なりの理想をめざして、たのしみに毎日勉強している、らしい。

ぜひ、「困らない自分」で、進んでいってほしい、と願う。


がんばれ!!

eieiou_man


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 2. 新間草海
    • 2017年10月15日 21:28
    • マミーさん、コメントありがとうございます。新間草海です。
      なんだかとてもうれしいコメントでした。
      だれのせいでもなく、だれのせいと決めなくてもよいことばかりです。苦しさは本当は必要のないこと。子どもを見ていたら、すべて子どもから教わることができますね。ありがとうございます。
    • 1. マミー
    • 2017年10月15日 02:25
    • 5 心が波打つ時、急いでブログを読見返します。酸欠状態の私が、大きく息が吸えます。
      たまに、今息吸ってるのか吐いてるのかわからなくなる時があります。
      何でこんなにすぐ沸点に触れるのかしらと、心臓の鼓動も早くなる時、私は急いでこのブログを読みます。
      笑っちゃうくらい、自分で息止めて苦しがってしまうんです。
      でも解決策は、相手ではない事に気付いているらしく、ブログを探します。
      そして目に止まる項目を読み続けているうちに、いつの間にか微笑んでいる自分に気づいてホッとしています。
      いつもありがとうございます😊
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット