新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
わたしが困らないようになったのは、幼いころに受けた経験もあるし、

また、10代、20代に周囲のいろいろな人や事象から、学び、影響を受けてきたからだと思う。

30代になり、ほぼ、

「これは、人生、困らないでも行けるかもな」

と思い出して、

教師をめざすようになったのは、そのように、

「困らないようになった」

ことが、ひとつの大きな条件だったろう。

もし、困るようであれば、教師にはならなかったろうと、ふりかえって思うことがある。

また、困るようであれば、多くの人に相談しただろうが、

わたしはほとんど、相談もせず、自分で必要と思われることをひたすらやりつづけた。

これも、今思えば、

「困らない」

ということが、自分にあったからだろう。

もし、困るようであれば、周囲の人に相談しまくって、結局は「やめたら」と言われて、やめていたのではないか。
〇30代
〇家族持ち(嫁さまと赤ん坊)
〇貯金なし
〇免許なし
〇高卒

この条件で、たった今から教師を目指します。

というのは、ふつうに考えれば、困る要素に満ちている。

もし、試験に落ち続けたら・・・
もし、採用されなかったら・・・
もし、勉強時間がつくれなかったら・・・
もし、免許がもらえなかったら・・・
もし、一か月間の教育実習に行くことができなかったら・・・


こういうことに、「困る」ようであれば、最初からやらない。
『困らない』からこそ、挑戦し、課題をクリアし、教師になった。


わたしが30代になってから免許も無いのに結婚し、子どもが生まれてから教師をめざした、というと、

「すごい強い信念で、夢を追い続けたのですね!」


と、感心して言って下さる方がいた。



ところがネ。

強い信念なんて、もったことがない。

そうではない。

誤解です。

強い信念など、不要なのです。

必要なのは、

「困らない」

ということ。


ほとんど、世の中の課題というものは、この一点で、のりきることができるのだろうと思います。(つづく)

のけぞる
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック