元エンジニア・新間先生の自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「天職」と「困らない」生き方。
高卒資格のまま愛知の小学校教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
Aさんが、授業中、少し、寝てた。

「先生、Aちゃん、寝てる」



Aさんにきくと、

先生、ねむい。

というので、全員で10分寝ることにした。

「カーテンしめて!」

「ヒャッホー!」

「電気けそう!!」


寝よう、と言っただけで、このハイテンション。

もう、目は完全に冴えている様子。




カーテンをしめると、すこし暗くなる。(でも昼間だから明るい)

「みんな、しゃべらないで!」

と、ふだんは、とーっても、おしゃべりなFさん。

「キャハハハ」

「Fさんが、しゃべらないでって、言ってるよ!」

と、ふだん、本当にすごいおしゃべりな、Uさん。

「よし、だまろう」

「ようし!!しゃべるなー」

「よし!!!!気合を入れて寝よう!」

「ウハハハ」


子ども同士、おたがいに、そんなことばかり言ってる。



静かになって10秒後、くすくす、笑いが起きる。

くすくすが広がり、ゲラゲラになるのに、30秒ももたない。


「みんな、笑い過ぎ!」


リーダー格のHくんが、顔は完全に笑いながら、みんなをいさめようとする。



「よし、本格的に寝よう!」

ふたたび、静寂が訪れる。

・・・

とつぜん、Sくんが、

「先生、寝れないわ。子守唄をうたって」

「キャハハハ」


爆笑がつづく。





はい、約束の10分が経ちました。

睡眠、終わりです。

「なんだか、保育園のときみたい~」



おめざめは、いかがですか?

「うん。快適」



わたしは、可笑しくてならない。
みんな、ちっとも寝てないのに。


子どもと話すというのは、こういうことのくりかえし。



写真は、「森は生きている」より。

omijika





このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック