新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
職場の親睦会(飲み会)がありました。
研究会や部会、学年会でまだお互いにほとんど話したことのない人がいる。
出会ってまだ2週間のお互いで、ちょっと懇親会、ということになった。


二次会で、複数の先生にさそわれて、岡崎市内の小さなお店に行きました。
ちょっと人生を語り合う感じになりました。

結婚していてもしていなくても、幸福になる人。
合格してもしなくても、幸福になる人。
賞をとってもとらなくても、幸福になる人。
なにかになってもならなくても、幸福になる人。

不思議とそういう人が結婚したり合格したり賞をとったりする。

「なんか、世の中、ずるいよね~」

と、酔っ払った女性の先輩が、ビールを注文しながら叫んでおりました。



「すでに幸せな人だけが、さらに幸せになっているように見える」のだそうです。

「〇〇ちゃん(後輩の先生)なんか、あんだけ仕事できるのに、そのうえ、かっこい彼氏がいてさ~」



以下、先輩談。



この野郎、と思う。

うちも、と思う。

そこで、イチかバチか、人生の大博打に出ると、なぜか失敗してしまう。



ところが、すでに心が満足している人で、

「もうあんたはおなかいっぱいでしょ!要らないでしょ!」

という人にこそ、幸運が舞い降りて、

現世の利益を享受しているようにも見える。




皮肉というか、

サカサマというか。

「なんか、世の中、ずるいよね~」

だそうです。



そして、結果がほしい人のところには、結果が来ない、のだそうです。

あるいは、結果(のようなもの)を得たとたん、破綻する。


「よく分からんよ、世の中は!」

という、先輩。



たしかに、なあ、と思います。

世の中の思考が、サカサマだということを、またひしと感じた夜でありました。

osake_woman2_angry
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック