新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
人生をうまく生きるため、知識を得ようと本を読むのは、ムダなこと、なのかもしれない。

そこに潜んでいるのは、すばらしい知識、ではなく、ただの「意見」にすぎない。

半世紀ほど前、母乳かミルクか、どちらが正しいか、という議論があったそうな。

また、3歳児までは母親が育てるべきだ、という意見と、こだわらなくてもいい、という論争があったそうだ。

現在では、どちらが正しい、ということもない、という結論に落ち着いている。


考えてみれば当たり前のはなしで、人生の何が正しいのか、賢いのかなど、いったい誰が決めるのだ。

パン食が正しい、とか、米を食うと馬鹿になる、という意見もあったそうだ。

スポック博士の育児書、という本がベストセラーになり、抱っこはやめるべきだ、と書かれた。

赤子をうつぶせで寝させると、頭の形がよくなる、という言説も登場した。

現在では、どちらが正しい、ということもない、という結論に落ち着いている。


考えてみれば当たり前の話しである。

本人がやりたいようにやればよい。

どちらが賢いかなど、判断基準が異なればまったく逆の答えになる。

そもそも、賢く生きようとすること自体が間違っている(不幸を招く)可能性だってあるんだし・・・。


賢く生きようと意識するか意識しないか、ということ自体も含め、人生の岐路に立つ人も、生涯の伴侶を選ぶ人も、目前の就職先を選ぶ人も、ほとんどの人が、耳に入った情報の偏り加減や、量の多さで、なんとなく右か左かを選んでいるだけ、なんじゃないかという気がするネ。

そんなものに振り回されず、本人のカンで生きた方が、よほどスッキリしている。

本人が第六感で選ぶのであれば、間違っても、他人のせいにすることもないだろうし・・・。

しかし、現状では、テレビでどこかの教授や人気タレント、その道の専門家が言った意見だから、ということで、〇〇した方がいい、と判断することは多いだろう、と思われる。

「〇〇すると、いいんだって」
「へーーー!!」

このような歴史が繰り返されている現状を知ると、これはおそらく、人間の思考の癖なのだろう、と思うネ。

人間は、不安なのだろう。

だれかが強い調子で、断定的、確信的に何か言っているのを聞くと、あたかも、

「そうしないやつは、アホ!」

と言われている気がするのだろう。

その不安から逃れるためには、だまされているかもしれないが、ともかくやってみる、食べてみる、ということになるのではないか?

そして、やればやるほど、「いい」ことをしよう、「かしこく」やろう、という気持ちが、これでもか、というくらいに肥大化する。

ハカセの

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック