新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
「知識」という言葉に、絶対的な肯定感をもつのが、多くの日本人だろうと思う。

知識が武器であり、知識が生活を便利にし、知識が人間としての深みを増してくれる。

人生は、知識で豊かになるもの。

これは、そうである、と私も思う。

「知ること」が、人生の最大の楽しみである、とさえ、思う。

ところが、「知識」というものは、カチンコチンに凍っている。
その、凍ったものである、というところが、「知識の」唯一の欠点である。

とくに、

「こうするとうまくいく」

と書かれた、ノウハウを紹介したもの。

これは、わたしから見れば、完全に凍ってしまっているイメージがある。

「うまく」 の中身が、その著者にとっては「うまく」かもしれないが、果たしてその良さが、自分に通用するかというと、案外と通用しない場合もあるからだ。

「あの店のラーメンは、めっちゃうまい!」

と聞いて、その店のラーメンを食べてみると、果たしてあまり、うまくない。

そんなことは、みなさん、星の数ほど経験しているでしょう?


ネットショッピングのクチコミがにぎわっていて、

「めっちゃいい!!買って良かった!」

と、仮に千人の人が書いていても、やはりその中の数十人ほどは、「私には合わなかった」と書くのが常である。

これから買おうとしている「買い手」にとっては、自分自身が、「いいね!」とつぶやく千人のうちの一人になるのか、もしかするとそこから漏れた、数十人のタイプであるのか、さっぱり判断がつかないのである。

だとすると、口コミ、というものは、読んで参考になるかもしれないが、読む前につかなかった決心は、やはり読んだ後も「つかないもの」なのだろう。

つまり、「決定打にはならない」というのが、クチコミの本来性というか、もって生まれた宿命なのでありましょう。


だとすると、買い物をする前には、やはり、10回の買い物のうち10回とも、

「買って自分自身に聞いてみるまで、良かったかどうか、分からない」

というのが、最後の最後、本当のところなのであります。

どれだけクチコミを見ても・・・。

たとえ1万人のクチコミを見ても、星の数を星の数ほど参考にしても、やはり最後は、賭け、なのであります。


・・・と、ここまで考えてみると、自分の人生をいちばん、後悔せずに送るのは、自分の第六感を信じて生きる方法、それ以外にない、のではないだろうか、と思うようになった。


同様に、結婚は早婚がトク、晩婚がトク、子育てのコツ、彼氏にするならこんな彼、とか・・・

人生の多くの事象について語るものが氾濫していて、

「これがトク!」とか、「このスタイルがかしこい!」とか「この生き方がステキ!」だの、

ありとあらゆる情報が錯そうしている。

こんなに情報がたくさんあるんだもの。

ノイローゼになるのも、分かるね。

コメント・ノイローゼ。

かつて、洗剤を買うのに、1日かかった、という職場の先輩がいた。

あれこれとネットを調べていると、さまざまな商品があり、コメントやクチコミがあふれている。

「よし、一番よいのを選んでやろう」

と意気込んで、パソコンの前でビスケットを食いながら画面をにらんでいたら、

あれもいい、これもいい、いや、あれはダメ、これもダメ、いや、やっぱりよい、いいや、よくない、いやいや・・・

結局、コメントを信じて読むだけで、アタマがふらふらになり、いいのか悪いのか、ちっとも分からず、片頭痛がおきて、倒れるようにベッドに横になった、という。





・・・・・・

ああ、そうかも・・・。

〇〇がいい!

というの、これは「知識」じゃあ、なかったんだな。

今、気が付いた。

〇〇がいい!というの、これは「知識」じゃあなく、ただの、「意見」だったんだ。

トホホ。

のけぞる
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック