困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
ちょうど、6年生の社会科で、政治の勉強をしているところです。

トランプさんが大統領になった、というので、大統領と総理大臣はちがうのか、という質問が出ました。

そこで、オバマさんの就任時の、あの熱狂的なフィーバーを思い出し、その大統領就任の時の感動的なスピーチが本になっていますから、それを図書館で借りてきて、子どもたちに見せました。
index

オバマさんが大統領になったのは8年前ですから、今の子たちはたったの4歳。
あの、「オバマフィーバー」を知りません。
昨日のトランプさんの集会には、数字をCNBCWSJ紙からひろってみますと、なんと70万~90万人が、米大統領就任式に参加したり集まったりしたそうです。
にわかには、信じがたい数字ですが・・・。

オバマさんのときは、それよりも100万人多い、180万人。これはWIKIから拾った数字なんですが、これもまた、にわかには信じがたい数字です。

さて、今やトランプさんは、新しい法案や政策をつぎつぎと発表しています。

「みなさんにも、新しい法案を考えてもらいます」

といって、授業を進めます。

「法律をつくることができるのは、誰ですか」

みんな、資料集や教科書から、答えをみつける。

「国会議員と内閣」

そうですね。これからはみなさんに、国会議員の役をやってもらいます。

国会でまず行うことは、内閣総理大臣指名選挙ですから、総理大臣の立候補者を募ります。

立候補者を募ると、Yくんが手を挙げました。
他の子は、なにがなにやら分からないので、不安げに様子を見守っています。

クラスを3つにわけ、おおまかにそのうちの2つを衆議院、のこりの1つを参議院にしました。

ルールとしては参議院でもいいのですが、通例でYくんを衆議院の議員だということにし、両議院でYくんを指名させ、Yくんが総理大臣だ、ということになりました。

さて、ニコニコしているYくんを、「Y総理!」と呼びながら、授業は進みます。

Y総理の公約は、「ベーシックインカム法案」です。

本当の名前は、「毎年国民全員が100万円もらえる」という法案です。

そんなことをしたらインフレですごいことになるし、赤字国債で破綻する、という、秀才Aくんの忠告やおろおろ声を乗り越え、クラス全員、

そりゃあ、いい!!

と、この法案を通すことになりました。

まずは総理大臣になり、内閣を組織します。

官房長官はだれ?
スピーチの上手な人がいいよ。

「じゃ、Fさん」

Y総理は、クラスの秀才女子、Fさんを指さしました。
Fさんが拒否しなかったので、Fさんが官房長官です。

文科大臣は誰にする?
学校のことや、科学のことを担当する人だよ。

「じゃ、理科係」

次々と、内閣を組織していきました。
厚生労働大臣には、クラスの国会議員ではないですが、保健の先生を指名します。

防衛大臣は、教室の後ろの扉近くに座っていた、文学少女のBさん。

「ええ? なんでわたしなの?」
「不審者が入ってきたら、そこで撃退してほしいから」

この国の防衛大臣は、まっさきに身を挺して戦う人が大臣ということらしいです。
「え?大臣自ら、まっさきに暴漢と戦うの?」
「当たり前じゃん」


内閣が誕生しましたので、記念撮影をします。

つぎに、内閣が法案を出します。

Y総理 「えー、この、国民全員100万円法案を、ぜひ通してください」

野党の秀才、Aくんから横やり。

「そんな法案を通したら、国家の財源がなくなってしまいます!」

Y総理 「しかし、絶対に犯罪が減りますッ!!!」

A議員 「財源はどこにあるんですか!」

Y総理、

 「この道しかないッ!!」



ここで、おおっ、というどよめきと拍手が起こりました。

つまり、現役の小学生にも、「この道しかないっ!」と断言する「手法」が、ある一つの政治の型(カタ)として認知され始めている、ということですね。

軽い審議の後、採決。
衆議院を、法案が通過しました。

つぎは参議院です。
さっきから、手ぐすねをひいて、参議院のメンバーが待っていました。
目つきが怪しいです。
「ぜったいに廃案にしてやろう」
という感じ。さっき、あんなに賛成してたのに。
Aくんが、「これ通したら、税金がむちゃくちゃ高くなる」とか、「破たんする」だとか、不安げなことをつぶやいている影響でしょうか。


案の定、参議院では否決されました。

「このあと、本当の国会ではどうするのでしょうか」

みんな、教科書をみて、確認します。

「再度、衆議院で話し合います」

そのとおり。

衆議院にもどってくると、衆議院のメンバーも、目つきが怪しくなっています。
野党のAくんが、トイレ休憩の5分間に、相当な根回しをしたようで・・・。


衆議院でも、審議が紛糾!!
もつれにもつれました。

そこで、強行採決(人間かまくら)、という方法があることを伝えました。
安保法案のときの、やり方です。

すると、Y総理が

「それだ!」

と叫んでみんなをよび、なにやらごにょごにょ・・・

「全員、立て!」

と叫ぶやいなや、

「採決!!可決しました!!」


・・・


法案が通りました。

ぶぜんとするのは、秀才のAくんです。

しかし、さすがにAくん。不敵な笑みをうかべまして・・・

「先生、今の採決の方法に納得がいきません。内閣不信任案を出します」

まさかの不信任案が出た!!!

Y総理。ひたいに汗をにじませています。

どうなるのでしょうか。

わたしも分かりません。

社会だけで、3時間使っちゃった。

金曜日の午前中が、社会だけで終わるかもしれない。

こんな予定じゃなかったのに・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック