新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
病気らしい病気をせず、元気に毎日働けてあることに感謝をしている日々である。

このように元気になれたのは、玄関に飾ってある蛙の置物のおかげである。

蛙の置物がテレビの前に置いてあるときは、なんだか調子が悪かった。

しかし、その蛙を偶然にも玄関に置いたところ、怪我も無く、病気もしない。

事故に遭うことも、蜂に刺されることもなく、元気に働けている。

おまけに先日、近くのショッピングセンターの前で配っていた福引抽選券をよく見てみたら、10等のティッシュボックスをもらえることが分かった。

こんな幸運も、すべてこれはカエルの置物のおかげである。

ところが、嫁様はそれを信じない。

「そんな蛙の置物が、あなたの健康をどうこうと左右できるわけがないでしょう」

と言って、なんと3分もわたしを馬鹿にしたように笑い続けたのである。

わたしは憤怒の鬼と化し、その蛙の置物を前に、復讐を誓った。

蛙の置物は、わかったのかわからないのか、私の懇願にもまったく反応をしないが、なんだか目がぴかーと光った気がする。

そして次の日、嫁の口の中に、口内炎ができた。

これはすべて蛙様の仕組んだものである。

その証拠に、わたしが蛙様を見上げて、

「嫁の口内炎をもたらしたのは、カエル様ですか?」

と尋ねると、

なんとなく、雰囲気的に、わたしの感覚が伝えるところによれば、

目がまたふたたび、ぴかーと光ったような気がしたのである。







わたしは毎朝、蛙様を見るたびに、

「オンマカマカカエルサマ、オンゲコゲコカエルサマ、今日もまた良いことが起こりますように~」

と祈るようになった。

蛙



ところが忙しくてついうっかりと、蛙様を意識するのを忘れる。

ついには完全に蛙の存在を忘れて3か月ほど過ぎた。

先日、ようやく蛙様に気がつき、よく見たらまったく生気が感じられず、ほこりで灰色になっている。

ここまでほっとくなよ!

しかしわたしはそのほこりだらけの蛙様をみて、直感したのである。

「おれが病気もせず、怪我もしないのは、この蛙のせいじゃあないな」

たぶん、今年まだ一度も風邪をひかないのは、きちんと手を洗ってよく食べて寝ているせいだろう。

それとも、もしかすると、蛙の置物ではなく、クジラのぬいぐるみのせいだろうか。

夏休みにクジラのぬいぐるみを買ったから。

きっと、鯨のぬいぐるみを、大切に扱っているせいにちがいない。

なんせ、まだ箱から出してもいないから、くじらのぬいぐるみはまったく汚れていない。

そのせいかもしれない。

箱から出して遊びまくって手あかでまみれていたら、きっと幸運は訪れなかっただろう。

わたしが健康な理由はどれか。

1)蛙の置物を玄関に置いたこと
2)手を洗い、良く食べて寝ていること
3)くじらのぬいぐるみを箱から出していないこと


どれだと思いますか?

もしかしたら、どれでもないかもしれない。

たぶん、どれでもないな・・・。ハハン。


蛙の置物
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック