困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者の自虐スナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

【6年生・後半の「歴史授業」 発問一覧】

前回(前半の発問一覧)につづく

29) 江戸時代が長く続いた理由ベスト3を発表しよう

30) 【近松門左衛門】 戦争がなくなり平和になると人間は堕落するだろうか

31) 【歌川広重】 なぜ広重の浮世絵は世界に広まったか

32) 【伊能忠敬】 忠孝はなぜ「ただ働き」で測量を始めようとしたのか

33) 【本居宣長】 日本らしさとは何か

34) 【杉田玄白】①前野良沢はなぜ教科書に載らないのか
           ②身分制度はどのようにしてなくなっていったのだろう

35) 【文化人のまとめ】5人の文化人たちが江戸時代に活躍した理由は何だろうか。

36) 【大塩平八郎】 「テロ」の首謀者なのに民衆から守られたのはなぜか。
 
37) ペリーが悪魔のような顔つきで描かれたのはなぜだろうか

つづく
serveimage


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック