困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
10月の最初に、勤務校で修学旅行へ行ってまいります。
あと、1か月。子どもたちもだんだんと近づいてきたのでちょっとワクワク。

行き先は、東京。
わたしは両国国技館での相撲観戦が希望だったのですが、秋場所にちょっと間に合わない。
今年は、9月11日(日)が初日。千秋楽が9月25日(日)の予定です。
この予定を見た時、なんと悔しかったことか。

先日、土俵入り、という話をしたら、子どもたち、キョトンとしていた。

「ほら、お相撲さんがハッケヨイ、とやる前に、行司さんが言うでしょう?」

いったい、なんだ? という雰囲気。

「ひがァーーシィーーー、たかのぉーーはぁーぁなぁ~、・・・にぃいシーーーー、ってやるでしょう?」

というと、

本当に、教室中の空気が固まったようになって、

「へえ・・・」

まあ、先生が変な声を急に出して、真剣に語り掛けてくるから、まあちょっとふつうの態度をとっておこう、という教師への配慮が見え見え。
ふつうだったら、

ドハハハッハ!!!


と笑うところだけどね。

・・・という感じ。

「知らない?」

というと、

ほとんどみんな、こくり、とうなづく。

そして、勇気を出して、ほんの数人が、

「なんか、なんとなく、知ってるかもしれない」

と真剣な顔で言い出した時は、わたしは本当に目の前が暗くなって血の気の引く思いがした。

さらに追い打ちをかけて、

「ええええ???本当に?本当に知らないの?」

というと、みんな、うん、と。

153


「東方ハ、朝弁慶、神奈川県平塚市出身、高砂部屋。西方ハ・・・、とか言って、場内アナウンスとか、聴いたことない?」

「知らない」

「ええ、え、えっ、えーーーーつ、じゃああ、テレビでお相撲さんの試合、見たことない?」

「うん。一度もない」




小学生、知らないって。

相撲って、ほんとうに、国技か?




ということがあって、ぜひとも東京に修学旅行に行くのなら、歌舞伎か落語か、それとも相撲か、なにか見てきましょう、と提案していましたが、通りませんでした。

新宿中村屋のカレーを食べて、相馬愛蔵についてお店の人に話を聴きたい、という提案も、通りませんでした。

話題の築地へ行き、移転の何が問題なのか、お店の人の生(なま)の声を聴いてきたい、という提案も、通りませんでした。

結局、無難なところで、東京ディズニーランド。





わたしは子どもたちに、まあ今年はそうなっているのだけれど、なにか自分たちでもし、旅行を計画できるとしたら、どんなツアーがよいですか?と尋ねたところ、わりとみんな自由にあれこれと考えていた。

一人は、先生、静岡でもいいですか?と言い、自分は富士スピードウェイへ行き、みんなとママチャリで走ってみたいのだ、といった。

なるほど。そいつはいいねえ。

また別の子は、ゴジラの撮影場所を見たいので、調布の撮影所へ行って、映画の舞台裏を見てきたいと。

なるほどーーーー。



子どもたちの希望する修学旅行を、国語の学習と絡めて、パンフレットでつくることにした。

出発の時間から途中で寄る、高速道路のサービスエリア、経過時間、料金、すべて調べて自分なりの計画を立てることになった。やることは、ほとんど旅行代理店の業務である。

「こういうことを調べて、お客さんにどうですか?と商品としておすすめする仕事があるよ。」

「へえ。自分がついていけるなら、いいなあ」


ツアーコンダクターって、楽しそうだよねえ。

修学旅行へ行く前から、話はどんどん広がっていく。

修学旅行
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック