新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
うちにはクーラーがなく、扇風機しかない。

朝晩がわりと冷えるから、それでOKなのである。

しかし、日中の昼間。
夏休みの猛暑の中では、これはキツイ。



うだるような陽炎がたちのぼる部屋の中で、アタマに思い浮かぶのは、灼熱の砂漠、シルクロードの幻想だ。
まるで、マルコポーロ。らくだの背中の中に、冷たい水がちゃっぽんちゃっぽんと、しまわれているのを想像して、思考が停止したままだ。

気が付いたら、さっきから、
「水、水」
しか、言ってない。


そうやってよく見てみると、この3時間ほど、家族のだれも口を聞いていない。
全員、ただひたすらに、水道の水をゆーっくり口に水を運び、目をぎょろぎょろさせながら水を飲んでいる。



これをみて、はじめて、

イカン

と思い始めた。

死ぬかもしれない。




それで、わが家の唯一の冷房機器である、扇風機を加工することにした。

生暖かい風、つまり温風を吹きだす、でかいドライヤーのような効果しかない扇風機。

これを、変える。

生まれ変わらせる。



熱風ではなく、涼しい風を、送りだせる扇風機へと、進化させる。

なんという尊い決意であろうか。



思い浮かぶのは、牛舎だ。

夏、ひたいに汗をうかべつつ、牛舎の床管理をしていたが、数か所のミスト扇風機によって、かなり冷えた空気が届く場所があった。そこだけは、まるで砂漠の中のオアシス。つめたい空気が顔に当たって、とても心地が良かった。

水分の気化能力は、かなりのもの。効果は、ある。

そこで、扇風機の前に、氷をしばりつけ、そこから冷たい空気がこないかどうか、と。
実験をしてみた。


氷をしこたまビニール袋にいれ、扇風機の前に箱に入れて置いた。

「うーん」

微妙だし、第一、箱が邪魔くさい。

そこで、もう、こんなふうにつるしました。

氷はすぐに溶けちゃうので、これ。強力タイプの保冷剤。

せんぷうき2



部屋の温度は、35℃。

扇風機1



ようし!!!

風が前にこないことを除けば、心なしか、わりと涼しい感覚がある!

強風にすると音が響くが、なんとなしにさっきより、風が冷たくなってくれた気がする!!





夏を乗り切りましょう!
皆の衆!! がんばりましょうぞ!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック