元エンジニア・新間先生の自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「天職」と「困らない」生き方。
高卒資格のまま愛知の小学校教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
朝、歌を歌う。

歌集のなかの歌はあらかた歌ってきたし、朝の音楽集会も一区切りついたので、

「じゃあ、夏休みまでの1週間は、歌のレパートリーを増やそう」
ということになった。
いろいろと知っている歌と、知らない歌とを分けていると、

なんと

南の島のハメハメハ大王

を知らない子がいる!!



こんなもの、君が代よりも有名だと信じていたから、
ガンと頭を殴られたショックがあった。

自分が低学年を担当したら必ず夏には歌うし、
バナナの唄も歌う。
きくと、低学年の頃はずっと若い先生が担任していたらしい。
あとで、その先生にきくと、

「ああ、ハメハメハ・・・その歌は歌っていませんね」

と軽~くいなされた。

「そんなに大事な歌なんですか?」

という感じ。

このノリにも、一種のショックを受ける。

なんということであろう。
夏には必ず、声の限りをふりしぼって、夏休みの明るい雰囲気を感じながら、
市民プールの行き帰りにも、子ども会の集会でも、昭和の子どもはこぞってうたったではないか!!




まあ、いい。

こんなところで憤っても、仕方がない。




それで、ハメハメハ大王を教えるために、わたしが久しぶりに歌ったところ、まじめに歌詞を聞いていた委員長の子が、

「こんなに学校休んでいいんですか」

と。



たしかに。



風が吹いたので遅刻し、雨が降ったら休むなんて、もってのほか、である。
こんなゆとり教育を助長するような歌詞の唄が、現在の混迷を極める社会の中で、ゆるされるはずがない。


すすめ!火の玉!!
勝ちすすめ!就職戦線!!



ぜったいに許されない歌を、教室で歌ってしまったことに気付いて、わたしは激しく狼狽した。
おそらく、このことは、『君が代』を歌わないよりも、罪深いのかもしれないナ・・・。



しかし先日、ある番組で見たアマゾン流域に住むブラジル人の子は、完全に学校へ行っていなかった。

学校へ行かないでも許される社会があり、

一方で、許されない社会がある。



われわれ日本人にとっては、子どもが煙草を吸うことは許されない社会がふつうだと思うが、

アマゾン川流域には、子どもが葉タバコを吸うのが、けっこう当たり前の社会、もある。





これらが、問題になるのは、なぜだろうか。

なぜ、

アマゾンでは問題にならないことが、
日本では、問題になるのだろうか。

日本では、「規制」しないと、不安だから。

これだと思うネ。


〇〇しないと、不安。


↑ 出ました!!


最近、これ、ばっかり。

やっぱり、なんで人は、「〇〇しないと不安」なのか、
ぜったいに考えておく必要があるよナ。




おまけ。
その番組に出てきたアマゾンの子の表情は、いい顔でしたよ~!!


index
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック