困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
1) 地球の歴史を黒板に書いてみよう

2) 縄文時代は悲惨な暮らしだっただろうか

3) 弥生時代と縄文時代のどちらが幸福か

4) 縄文から弥生への変化ランキングを考える

5) 卑弥呼はなぜ魏と交流したのか

6) 聖徳太子はなぜ強気な外交をしたのか

7) 大化の改新でどんな国づくりをめざしたのか

7.5) なぜ聖武天皇は頻繁に遷都したのだろうか⇒貧窮問答歌にふれて

8) 鑑真はなぜ日本に来たのだろう

9) 聖武天皇はなぜ大仏をつくることができたのだろう

10) 桓武天皇が都を移したのはなぜだろうか

11) 平安時代に華やかな文化が生まれたのはなぜだろう

12) 藤原道長はどのようにして権力を握ったのだろう

13) 平清盛はどのようにして権力を握ったのだろう

14) 源頼朝は流罪の身からどのようにして将軍になったのだろう

15) 源頼朝は幕府のしくみをどのようにつくりあげたのか

16) 北条政子は朝廷からの攻撃をどのように乗り切ったのか

17) 北条時宗は元からの攻撃をどのように乗り切ったのか

18) 足利義満は何を大事にして政治を行ったのか

19) 足利義政は義満とどうちがうだろうか

20) 室町時代の文化はなぜ現代まで続いているのだろう

21) 室町時代を一言で表すとどんな時代と言えるだろうか

22) 戦国時代とは一言でいえばどんな時代といえるだろうか

23) 外国人は日本をどんな国だと思っただろうか(宣教師の事例)

24) 織田信長だけが持っていて、他の人にはなかった知恵は何だろう

25) 豊臣秀吉が全国統一のために工夫したことは何だろう

26) 徳川家康はどのようにして江戸の町をつくりあげたのだろう

27) 織田と豊臣と徳川、だれが一番賢いだろうか

28) 徳川家光がキリスト教を禁じたのはなぜだろう

29) 江戸時代が長く続いた理由ベスト3を発表しよう



これで、1学期が終了。
次以降が、2学期の最初。

30) 【近松門左衛門】 戦争がなくなり平和になると人間は堕落するだろうか

31) 【歌川広重】 なぜ広重の浮世絵は世界に広まったか

32) 【伊能忠敬】 忠孝はなぜ「ただ働き」で測量を始めようとしたのか

33) 【本居宣長】 日本らしさとは何か

34) 【杉田玄白】①前野良沢はなぜ教科書に載らないのか
           ②身分制度はどのようにしてなくなっていったのだろう

35) 【文化人のまとめ】5人の文化人たちが江戸時代に活躍した理由は何だろうか。

36) 【大塩平八郎】 「テロ」の首謀者なのに民衆から守られたのはなぜか。
 
37) ペリーが悪魔のような顔つきで描かれたのはなぜだろうか



以下、基本的な授業の流れ。

① 本日の人物を調べる。どんな活躍をしたのか。どんな人物だったのか。

② 今日の学習問題を確認する。

③ 資料を調べる。(映像資料も活用)

④ 学習問題についての自分なりの考えをノートに書く。

⑤ 考えの発表。(グループ→全体)

⑥ クラス全体での確認。

⑦ 意見が分かれたら、場合によっては意見を分類したり、ランキングをつけたりする。

⑧ 自分なりに本日の学びをノートにまとめる。

⑨ 次時に調べる人物を知る。




最近、大体は、この流れで授業が固まってきた。


serveimage
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット