困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者の自虐スナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
少し出遅れた感のある、わがクラスの社会科授業。

今頃、どの学校も、6年生は明治維新を終えているだろう。

うちは、修学旅行を間に挟んで公民分野の勉強をしていたため、ちょいと遅れてます。

で、『坂本龍馬』。

きました。ついに・・・。



司馬遼太郎の世界観をたっぷり味わってきた今の50代、40代の教師は、もう「竜馬がいく」が血肉に沁みこんでいるので、「竜馬」というだけで、なんだか血が騒ぐ。

NHKの大河ドラマで福山雅治が演じていたね。
やっぱり龍馬はすごい、というなんとも消しようのない刷り込みが、脳髄の奥まで浸透している。それが、昭和に青春を送った我々の世代の特徴です。

で、ついに明日、坂本龍馬の授業です!
(↑ 何度も言うな)

縄文時代の名もなき人々の授業も興奮するものがあるけど、坂本龍馬はまた別の意味で興奮する。

司馬遼太郎!
明治維新!
男の血が騒ぐ!
政治権力を握る奴らの強権的横暴さを駆逐していく、という構図がなんともゾクゾクする。
これはご婦人方には分からないでしょうなあ。



さて、どんな授業になるだろうか。



以下、引用。

「長州が勝っちょりますな。」
「いや、長州が勝っちょるのじゃない。町人と百姓が侍に勝っちょるんじゃ。」


そのことに竜馬は身ぶるいするほどの感動をおぼえた。
たったいま、竜馬の眼前で、平民が、ながいあいだ支配階級であった武士を追い散らしているのである。
革命はきっと成る。
という意味の感動と自信が、竜馬の胸をひたしはじめた。

「万民一階級」
というのが、竜馬の革命理念であった。

「アメリカでは大統領が世襲ではない。」ということがかつての竜馬を仰天させ、

「その大統領が下女の暮らしを心配し、下女の暮らしを楽にさせぬ大統領は次の選挙で落とされる。」

という海外のはなしが、竜馬の心に徳川幕府顛覆の火を点ぜしめた。



坂本龍馬

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック