新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
おなじ空を見ても、一人ひとり、思うことが違う。

「やっぱり、秋だねえ。さびしそうな気配になってきた」

さびしそうに感じている人は、なぜそう感じるのか。

「いやあ、きれいで気持ちのいい天気だねえ。山日和だよ」

山の大好きな人だ。

みんな、自分の心のフィルターで、空を見ている。



苦虫を噛み潰している顔をしたダンナさんをみて、

「あれ、いつもと表情ちがうな」

と思うだけの奥さんがいる。

しかし、別の人は、夫の表情を見て愕然として、

「怒ってるんだわ。きっと私の何かの態度が気に入らなかったに違いない」

と自分の至らなさを反省しはじめ、行動に出る。

機嫌をとろうとしたり、自分もちょっとむっとしてみたり、
あるいは
謝ってみたり、気を使ってみたり・・・。

なぜそのように受け取るのだろう。

ダンナさんは、さっきから、歯が痛くてたまらないだけなのだが。





事実を見ないで、「意見」してばかり。

「あなた、さっきの話のことで、わたしを責めているんでしょう」

それは、ただあなたの意見に過ぎない。
事実は、歯痛。

みんな、事実を見ようとしない。

意見だけを取り入れようとして、意見だけをもとに考えて、意見を言うことで生きていくのが本当だと勘違いしている。

しかしその意見は、ことごとく、自分のフィルターで、出来ているのだ。

P9131351
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック