困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者の自虐スナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
充実感や達成感を得るために生まれてきたのでもない。

そもそも、何か事がらを進めたり、達成したものを得るために生まれてきたのではない。

では、なんのため?


人生は、
何かをしてはいけない、というのではない。
しかし、何かをするため、ではない。

では、なんのため?




なんのため?と、問いたくなるのは、なぜか。


われわれ大人は、
社会からの「要求」には必死で応えようとする。
人生からの「問いかけ」には耳を貸さない。
だから、常に、
強い緊張感と切迫感、焦りを感じながら、生きている。



「要求」には関心が無く、
「問いかけ」には真摯に向き合う、というのが、子ども。
だから、真剣に遊んでいる。


毎日すれ違う一年生が、いかにも幸福そうに雲を見上げながら歩いていくのを見てると、

教師も時折、こうやって人生を考えるようになる。
自分は、たった一度の「人生」から、なにを問いかけられているのだろうか。


ひとの人生は、社会よりも価値が高い。
それぞれの人生の価値が高まると、結果として、社会全体の価値が高まる。

人生の価値は、「なにをしたか」ではない。
「なにをして過ごしたか」でもない。
「どこで過ごしたか」でもなく、
「だれと過ごしたか」でもない。
そこには、なにもない。



@黄色い花に霜
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック