新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
「テレビを上手に見る方法」という本なら、うちの嫁様が書ける。
どこか出版関係の方、ぜひご相談ください。


その、テレビ視聴歴ウン十年、というセミプロの嫁様に言わせると、そのコツは、

「石の上にも3年」

・・・だそうだ。

テレビも、面白くなくても、ひたすら見る。

これをば、

只管打座
という。

テレビに正対し、
心をむなしくして、
ただひたすらに心に映りこむ音声と映像に、
おのれの波長を合わせていくことで、
テレビの裏側が見える、

というのだ。


慣れてくると、真の面白さ、ここで笑ってほしい、というタイミングが見えてくるのだそう。

「ほら、テレビでみんな、笑うでしょう。スタジオでみんな笑うじゃん。そこで、ちゃんと、心の底から、スタジオの人といっしょに笑うことができてこそ、真のテレビ視聴士(しちょうし)と言えるのよ」、ということらしい。

ほんの10分もしないうちに、リモコンのスイッチを切ってしまいたくなるのは、テレビ視聴士の受験資格もない、つまりお話にもならないレベルだそうだ。そのうちに、ありとあらゆるテレビの嘘くささが、寛容の精神と共に楽しめるようになる、という。

わたしゃ、危うく、「師とあおぐのはこの人だ」、と思いそうになりました。


ところで、先日。

ニートの討論番組みたいなのをやっていた。そこに、将来に夢も希望もなくて、という人が悩んでいたので、そこでちょこっとだけ、何か頭が動いた気がして、それをきっかけに、いくつか、書く。


コメントを求められて、「将来に、夢も希望もない」
と残念そうに呟き、同情されていた、
その人はニートであり引きこもりであります。

結論を言えば、夢も希望も、なくても皆幸福に生きていける社会が本当だ。

それを、さも「夢」を持つことこそが大切だというように教えてプレッシャーを与えている今の教育が狂っている。

脅迫的に「夢を持て」とは、本末転倒。
まず先に、大事なことがある。
それを無視しているから、夢もやりたいことも、なにも浮かんでこないので・・・。

なにも準備もないのに、脅迫的に夢を持て、と脅すから、子どもの「夢」がゆがんでくる。
神経症的な「夢」を追うようになる。
まともな夢でなくて、周囲の人にとっちゃ、はた迷惑な夢だってあるよね。
「やりたい」と思う気持ちが、はた迷惑になる、ということ、けっこう、多い。
戦争して人を殺したい、という勤勉マジメな政治家ほど、はた迷惑な存在はないわけだし。

(写真は、はげしく泳ぐ勤勉なナマケモノ)
P1030055


1年生の子に、「宇宙飛行士になりたい」とか「医者になりたい」とか言わす。
そこに、「夢が持てていてすばらしいです」とか、コメント書く。

いいけど、心がキュッと、ちぢんじゃってないか。気になる。

七夕の短冊に「ポテトチプツスの大ぶくろ、ぜんぶひとりでたべたいです」とあったが、
1年生だもんな。

まともな人間関係ができると⇒ やりたいことが見えてくる

これが本当の順番で。

NHKの討論でも、前段がすべて無視されているから、本当にやりたいことも見えてこないよな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック