元エンジニア・新間先生の自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「天職」と「困らない」生き方。
高卒資格のまま愛知の小学校教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
落語歴30年以上だから、このくらい言ってもゆるされるやろ。

「中高生は、落語を聴け!」

その理由は、耳に残るから、である。

いつまでも、残る。

たぶん、死ぬまで、残りつづける。

こんな残り方は、中高生でとことん聞きまくった状況でないかぎり、ありえないだろう。


なぜ、中高生のときの映像は、いつまでも生きているように、記憶に残るのだろうか。

わたしは、米朝が舞台上で

「還暦を迎えまして」

と言ったのを間近で見た。
「算段の平兵衛」という、ひときわ長い噺で、体力の要る舞台だったと思うが、米朝はノリにのっていて、絶好調だった。

わたしは還暦の爺さん、というのはよぼよぼのイメージだったのだが、米朝は枕のボケもギャグも新鮮で、ウケに受けていたから、やっぱ落語は爺さんに限るな、と帰り道に歩きながら合点したものだ。

今からすれば、還暦なんてまだまだ若手だ。

わたしは、たちまち、米朝のファンとなった。

ファンになって一番困ったのが、新聞の見出しをみて、ドキッとすることである。

新聞の一面に、黒々とでかく、トップの見出し!

朝一番に、
「米朝緊急会談実現」

とか真っ黒のでかい見出しの字を見ると、本当に心臓がとびだしそうなほど驚いた。

いったい、米朝師匠がだれと会談したのか!?

まさか関西圏を飛び出して、円楽さんと日テレ「笑点」にでるなんて話してないだろうな・・・。

ところが大体、新聞のトップ一面に載った「米朝」は、米朝師匠のことではないようだったので、がっかりしたものだ。

いまだに、アメリカを「米」と書くことには、ずいぶん違和感がある。
(北朝鮮を「朝」と略すのも、いい加減やめてほしい)


***


中高生のころ、学校の勉強はそっちのけ、全精力を落語に傾けていた時期、おそらく脳みそが特殊に開発されたとしか思えないが、今でも当時のギャグや声の調子、枕の小噺など、すべて脳裡によみがえってくる。

いつでも無料で動画が見られるようなものだ。

いってみれば、すっかり脳みそに永久保存されているわけ。


わたしは、ひまなとき、ふと目をとじる。

そして、頭の中で、チャンネルを合わせる。

「きょうは、えっと・・・、米朝にしようかな。話は・・・、そうだなあ、池田の猪買いか、皿屋敷か・・・」

すると、自動的に再生がはじまり、映像がスーッと流れていく。



で、飽きない。

なぜかというと、同じ話をきいても、発見があるからで、2回目には見えなかったことが、3回目に見えてきたり、10回目に見えてきたり、100回目

ハッ!!

とすることもあるからで、こうなったら、私の人生に、もはや、新作は要らない。



よく、ビデオレンタルなんかで、新しい映画の新作を次々に借りる人がいる。
私の嫁様も、よくハリウッド映画の新作を借りて来て見ているが、わたしは見ない。

なぜなら、そんなものを見ている暇はなく、時間の余裕がないからである。
忙しい中でも、暇をみつけては、落語を見なければならないからである。

カーナビのハードディスクに、小三治さんの落語がかなりつめこんであって、わたしはそればかり聞いている。たまに嫁様が同乗するときに小三治の音声が流れると、

「うわっ!またこれ聞いてる!・・・ったくもぅ、同じのばっかりで飽きないの?」

と、本当に呆れたように言われるけど・・・。


でもね、飽きないのですわ。

舞台の落語もいいけど、

音声で聞く落語や、脳内再生する落語はね、

ここでこんなふうに、とか、

ここの言い回しはもっとこう、とか、

声をはるところ、

ぼそっというところ、

間延びしたこえでとぼけたようにいうところ、

おかみさんが極端に下手に出る言い方とか、

わざと丁稚がカン違いして言うところとか、


聴きながら、どんどんと、

工夫をして、

聞くのですよ。




だから、忙しい!

だから、一度聞いたくらいじゃ、消化できない!!

何度も聞かないと、分からない!!

したがって、おんなじ噺を、

何度も何度も何度も何度も、くりかえしくりかえし、

聴くことになるのです。



当然、世間の話題に疎くなります!

ざんねん!

なんで、こんな趣味嗜好になっちまったんだ?



はっ、きっと米朝のせいだ。ちっくしょう!
あいつの落語をきいたせいで、こんなことに・・・


いや、

米朝師匠の、おかげですね。

おかげで、カネのかからん趣味が手に入りましたから。

ありがたい!

米朝師匠、安らかに。合掌。

beicho


写真は、一昨年夏の「米朝展」。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック