困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者の自虐スナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
教科書に、ある新聞記事の見出しが載っている。

「中国産ギョーザで10人 食中毒」

2008年の2月に起きた事件の新聞が、小さく載っている。

5年生の社会科の教科書。
「食の安全を考える」というページだ。


これみて、どう?

ときくと、

「もう、中国の食品は食べたくない」

と言う。

追い打ちをかけるつもりで、もう一つ、これに付随した資料を見せる。

新聞社が独自に行ったアンケート調査で、この毒入り餃子事件以後、中国製の食品についてどう思うようになったかを消費者に尋ねたというもの。

結果は、75%の人が、「中国産の食品は、もう買いたくなくなった」

と答えたらしい。

新聞記事と、このアンケート調査の資料を二つ並べると、

子どもたちは、完全に、

「もう、買わない。お母さんにも言う。中国産、やめた」

だって。




ここで、こう問いかける。

「中華人民共和国で生産されている食品は、ぜんぶ、怖い、悪い、と言えますか」

子どもたちは、黙る・・・。




中国製、という言葉に対して、もう少し範囲を限定する。
事件が起きたのは、天洋食品という会社だから、


新聞記事の見出しを、こう変えると、どうですか?
印象が変わりますか?

「天洋食品のギョーザで10人 食中毒」

と問う。


「あっ。」



最後、決めの発問。

「なにが問題なのですか?」


〇見出しの字を見ただけで判断したこと
〇情報を受け取る時に、実際はどうかな?と思っていないこと
〇中国、という国の名前をみて、印象を決めていたこと



その後、新聞社やテレビ局は、個性があること、
主義や主張、言いたいことがあって、編集をすること、
情報を送る側には、意図があること、などをまとめる授業プラン。

情報をどう受け取り、どう発信するか、という3学期の単元に入っていく導入になりました。


今日もいい日だ!雪だるまが叫ぶ
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. kazuyo
    • 2014年12月24日 11:18
    • 私も同じ様に判断してます驚
      大人になって賢くなったつもり笑
      分かるつもり知ってるつもり
      そんな自分を自覚する事
      とても大事ですね
      ありがとうございます。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック