元エンジニア・新間先生の自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「天職」と「困らない」生き方。
高卒資格のまま愛知の小学校教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

.
運動会が無い方がいい、というと、

「そんなものは暴言だ」 と一笑に付される。

しかし、よく考えてみると、学校にたとえば400人の児童がいたら、

その児童全員にとって、

「運動会が絶対にあった方がよい」

と言えるかどうか・・・。


その過程は無視して、

「ま、あった方がいい、という人が多いだろう」

という見込みで、やっているに過ぎない。
あくまでも見込みだから、断言できないはず。
今年は無い方がいい、という状況だって、あるかもしれない。
個々の事情、状態、その子の内面の状況によって。
今年は、まだその時期にあらず、という子だって、いると思う。


運動会っていいよね、というの、本当にその「運動会」こそが、彼らのユニークな力を伸ばしていくものなのか?その方法、そのやり方、その競技の仕方が、子どもたちの実際に、「ちょうど良い」ものなのか?

時間ないもン・・・。
そこまで考えてないヨ・・・。
運動会なんて、行事なんて、所詮そんな程度だ、という認識があれば。
このあと、行事って変わってくると思う。
なんとなく立派な感じ、見た目だけの運動会って、虚しさが漂うものだしね。




学校に現に通っている子ども一人ひとり。
子どものための、運動会。
この子たちのために、運動会をやろう、というのであれば、もっと形は変わると思う。

なぜ、長靴飛ばしを、やらないのか?

この1年生の子は、夏の間、長靴を飛ばすことに情熱を傾けていたのだ。
雨ばかり降ったこの夏に、お気に入りの長靴を買ってもらっていたから、この長靴を何度も飛ばし、驚くべきことに、20m以上も

遠心力

を使って、足を大きくカーブさせて振り回して、飛ばすことができるのだ。
そのことを、運動会で、ぜひ成し遂げたい、となれば・・・。



児童全員、自分だけの、特別な思いを持っているハズ。

一人ひとり、特別な種目に挑戦したいではないか。



隣の子に勝ちたい、ということだけを狙わせなくても、そういう種類の「勝ち負け」に、こだわらなくてもいいと思う。
自分の記録を伸ばしたい、ということに闘志を燃やせる子もいるのだしね。

運動会という行事は、すべて、「PTAに見せるもの」、になってしまっている。
授業参観と同じだ。
例年と同じ、今年も学校は、変わっていませんよ、ということを伝えるための手段のよう。

ほら、この通り。
私たちの学校は、いつもと同じ、変わっていません。
そして、世の中の常識から外れていません。
安心してください。


というメッセージが、運動会という劇場舞台の、幕を通して、透けて見えてくる。

しかし、これで、ほとんどの人が、

安心

したかのように錯覚してしまう。
なんでだろうネ。
こう聞くと、なにかしら、心の中に、「安心感」のようなものが湧く気がする。
「今年も、わたしらのよく知ってる運動会なのね。なら安心だ」と。




だけど、よく考えたら、おかしい。
本当の安心は、

目の前の子どもが、本当に育っているかどうか

ということなのに。
そのことについては、まったく分からないままなのに。






写真は、一斉に孵化して、『笹の葉食べ競争』をはじめた、ジバチ幼稚園の幼虫さんたち。
みんなで孵化しました
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 野の仙人
    • 2014年09月22日 09:40
    • 鉄筋コンクリートは、見えない鉄筋が中に入っているから壊れないんだね。でも、数十年たつと、強度が劣化するらしい。日本の多くの学校の行事というのも、ふだんの授業も、明治以来変わらない「見えない鉄筋」があるように感じるね。鉄筋を囲むコンクリートの部分はいろいろ変化もし、改革や創意工夫もされるけれど、中心は同じ。ぼくはこの地の小中学校の卒業式と入学式の来賓として出席したとき、胃と」胸が痛くなった。もう脱出したいと思った。不登校の子どもたちの気持ちが分かったように思った。それから行事の時の学校へは行かなくなった。明治時代から変っていない、「お上(かみ)」の行事だった。ビシッと貫いている集団統制がある。運動会も同じ。9月の残暑の日陰もない運動場、昔から変らない演技種目だ。子どもたちが作っていく、もっと楽しい運動会ができないものかねえ。稲刈りの終わった田んぼで運動会。クラスごとに子どもが考えた種目を行う。泥んこを積み上げて塔をつくり高さを競う。創作カカシのファッションショー。模型飛行機とばし。田んぼのなかで手づくりソリを走らせる。――まあ、考えてみると、教育の根本が、変わっていないからなあ。草海さんのような柔軟な創造的実践型の先生が増えてこないと教育は旧態依然としたままでいきそうだねえ。ジバチ幼虫の写真、いい写真だなあ。仙人は思います、学校に森をつくれ、と。

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック