困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)


ある子が、指人形を面白いと感じたので、教室の紙やテープやなにやらで、指にはめて動かせるような「指人形」をつくりだした。

おもしろがって、友達の何人かもつくりだした。

帽子をつけたり、顔をかいたりすると、もっと楽しくなったので、全部で50個くらいを箱に入れて保存し、順番に遊んでいた。

そのうち、劇の物語をやりだして、案の定、

「先生、みんなの前で発表したい!!」

と言いだした。



6人の女の子グループは、燃えていましたねえ!!

・・・・・・

しかし、いつもいつも、指人形ばかりじゃつまらない、・・・というのが子ども、です。

もちろん、今日は雪遊びしたい、という日もあるし。
なわとびするから、今日は休み、という日もあるし・・・。

しかしそれでも、ふと思い出したように指人形劇のプランを練ってすごし、たちまちひと月が経ちます。



そして、ついに!!

「先生、明日、発表するね!」

ということを言いに来る。

「お、とうとう、準備できたんだねー」

わたしもずいぶん、楽しみにしていたのだ。



ところが!!


なんということ!!

直前の練習中に、なんと、なんと、・・・大事な人形が壊れてしまった!!



「先生、今日はやっぱ、パス。明日にするね」

「うーん、ざんねん」


そんでもって、実は、

こういうのが、・・・何度か続いたんですわ。



メンバーが風邪で休んだからパス、という日もあった。

そのうちに、忘れていて、

「あ、やらんかった」

という日もあって・・・。




そのうちに暮もおしせまり、とうとう、冬休みになってしまった。


休み明けに、


「先生、そういや、2学期に、やるやる!って言ってたのにね~」

と、メンバーの子がうれしそうに言いに来た。

「そうだねえ。2学期にやるって言ってたよね」

他の子もそれをきいて、

「ほんとだ!!そういや、2学期にやるって、言ってたね!!あはは~!!」


みんな、なぜとなく、笑いがはじけております。

・・・・・・。



この会話、これで、いいのであります。

これでいいんだけど、このあと、事件が起きました。


この会話を、なんとなしにうしろで聞いていた男子の一人が、こう言いだしたのです。

「ああ!そういや、2学期にやるっていってたのに、やってないぞ!」

立ち上がって、続けました。

「なんでやんなかったんだ!やるって言って、やってないぞ」

そう言っているうちに、彼の脳裏に何だか思うことがあったようで、

「いけないんだぞ!言ったのに、やってないなんて!なんでやんないんだよ!」

と、ちょっと怒った感じ。


女の子たちのグループは、はとが豆鉄砲をくらったような表情。



わたしが、女の子たちがどうするかな、と見ていますと、


女の子の中の一人は、

○とりあえず、わたしは、落ちた消しゴムを拾おうっと


というような様子で、机の下にひざまづいて、消しゴムをゆっくりとさがしはじめます。


別の一人は、

○そうだ、もうすぐ3時間目だから、トイレ行こうっと


というような様子で、ゆるゆると廊下に向かいます。



また別の、主格の子はどうしたかといいますと、

○あれ、このあと、雪ふるのかな・・・


ボーっとした目つきで、外の雲を見ていました。


(笑っちゃいました)


空気の密度がうすくなってきたことを察知した男の子は、なんだかトーンをさらにあげて、

「いけないぞ!やるっていったじゃんかよー!!」


と、がんばって絶叫しています。


豆鉄砲を食らった女の子たちは、ことがこんなふうになるなんて、思いもよらない様子で、一人去り、二人去り、あるいはまったく関係のないおしゃべりをして、お茶をにごしていました。


こうしたことが、

人生、多すぎるんだろうな

と思います。



つまり、余計なことに、人生の時間をかなり吸い取られているんだろうな、ということです。男の子の「勘違い」を、これから時間をかけてじっくり解いてあげないといけない、ということですね。



結局、男の子の気持ちを、クラス全員で聞くことになり、

「先生、あのさ、2学期にやるって言ってたのにさ~!!」

「うんうん、そうだよね、やってないよね」

「やってないじゃんかよー」

「うんうん」



こういうことに時間をかけているのが、今の現代に生きる多くの大人の姿なんだろう、と思います。まるきり同じことが、小学校の教室にも展開されている。

無駄な時間なんじゃないかな、と思います。

本当の理想、本当の姿、本来の、子どもたちが体験すべきこと、発揮すべきことのために、時間を使いたいものだ、と思う。


で、最後には、

「じゃ、○○くんは女の子たちの劇を、早く見せてほしかったのね」
「ううん。べつに見たくない」
「そうか」


で終わりました。


もう御承知のことと思われます、が!


この男の子は、大人の姿をコピーしてみた、というだけだったのだ!


別にコピーしたかったわけでもないが、見聞きし、学習したことを自分も真似してやってみた、ということ。

ちょっと気分もむしゃくしゃしていたかもしれない。

そういったとき、大人のように、

○吠えてみる


ことで、気分解消をしてみようと考えた。

しかし、吠えることでは解決せず、気分もすっきりしない、ということを今回学習したのですが、こういう学習は、時間がかかるし、なにかもったいない時間の使い方だな、というように思う。要は、べつにやらんでもいい学習だってこと。だって、こんなんばっかり、繰り返し何度やってもねえ・・・。

もう、ええんちゃうの・・・・。



まあそれでも、女の子たちが、その男の子に責められていたにも関わらず、「責められなかった」のが、わが教室の進歩といえましょう。つまり、

責められても、意味が分からないのでぽかんとする、というのが、正常だということです。

もしも、この子たちが、「誰かが自分を責めた時、自分を守るためにあれこれとエネルギーを使う子」たちだったら、

まだなお、本来の道に戻るのに、時間がかかることでしょうからねえ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック