新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)


冬休みに入りました。
ほっと一息。
これは、2学期を、なんとか終えられた、ということ。

しかし、ちょっとほろ苦い味もするな。
算数も、国語も、なんと見通しが甘かったことよ。
2学期は、運動会や音楽会がある。行事が多いから、算数と国語は急いで仕上げておかねば・・・と分かっていたつもりなのに。

運動会と音楽会だけじゃなかったのだよね。
学校のお祭りもあったし、年末に学校で文集も作ることになったし、突如として予定された、盲人のための教育プログラムや研究授業のあおりをくらって・・・


まあ愚痴になるのでここらでストップします。



こういうこと、見通しがあるってのが、大事なんだな。
ここが、ベテランと、そうでない吾々との差なのだろう。

時間のない中で、しっかりと予定より短い時間でも、単元をきちんと終えられているベテラン先生に、いろいろと教えてもらっておくべきだった。
隣の年配の先生は、11時間予定の国語の単元を8時間でテストまで終わらせて、仕上げておられた。
中身を聞くと、やはりテンポを上げて、漢字やその他のことはドリル学習の時間に振り分けたり、朝の活動で読書の時間を少し変更させたりと、いろいろと工夫されていた。

すごいなあ。
こういうことがきっちりと計算できるのが、さすがだ。

算数も、ちゃんと復習の時間まで確保されている。
たしかめ、ということできっちりと進めて、それを評価にも反映されている。
それが、当然なのだけど。
私の方は、間に合わないで、テストもぎりぎり、評価もぎりぎり。
これだと、余裕のなさが、顔にも態度にも出てしまっていただろう。
子供たちに、あわただしい年末をすごさせてしまったな。


やはり、45分の単元を、40分で終わらせるくらいの、鍛え方が必要なのだろう。ふだんから・・・。そのくらいで、ちょうどだ。




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (7)

    • 7. みち
    • 2012年01月04日 18:43
    • お返事ありがとうございました。私も今年の教員採用試験ではビシッと志望動機を言えるようにしたいと思います。今年も貴方のブログ楽しみに拝見させていただきます。今年もよろしくお願いいたします。
    • 6. arigato3939
    • 2012年01月04日 16:22
    • みちさん、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。<br>さて、みちさんは面接の時の、志望動機の答え方についてのご質問ですね。これは、心の中の思いとちょっとずれるのですが、<br>「はい、私が教師を志した理由は3つあります。1つは、子どもが好きだ、という点です。次に2つ目ですが、人の成長にかかわる仕事はきっと楽しくやりがいがあるだろうと思ったことです。そして3つ目は、世の中の多くの課題を解決していくには、結局は人(ひと)の力を育てていくことでしか解決できないのだろうと思ったこと、そのために尽力したいと考えたからです。」<br>と答えたと思います。すごく教科書通りの型通りの答え方ですが、この面接の場合は、教科書的であっても、筋を通してビシッと言える、ということが大事らしいので、それでいいと考えました。<br><br>実際、この返答をしたところ、面接官の方はふつうの表情のままで順当に次の質問へと流してくれます。<br>つまり、ここは、面接の2種類の採点のうち、減点法で採点しているのだと思います。明らかに妙な返答だったり、つじつまが合わなかったり、言い淀んだり、困った表情をしながら言う、ということがなければOK、というたぐいの採点なのです。<br><br>でもぶっちゃけ、本当の心のうちは、<br>「小学校教師として勤務する自分の姿を想像したら、たまらなくワクワクしてきた」<br>ということです。そして、「きっと自分はできる、よし、やろう!」という気になった。<br>このことが大きかったのです。おそらく、このことは、20代のわたしの最初の勤務先での仕事体験、職場体験が大きく影響しているのでしょう。
    • 5. みち
    • 2012年01月03日 19:06
    • あけましておめでとうございます。お返事ありがとうございました。きっかけというきっかけは無かったのに「できる、やろう」という気持ちで教師という道に踏み込んだ勇気に頭が下がります。ひとつ質問なのですが、面接とかでの志望動機は何と答えたのですか?何度も質問すみません。社会人から転職されたということで、色々と参考にさせていただきたく思っています。よろしくお願いいたします。
    • 4. arigato3939
    • 2011年12月29日 09:08
    • みちさん、コメントありがとうございます。多くの方から、なぜ教員を目指すことにしたのか、問いをいただきます。しかし、こうこうだから、という多くの方が納得できるようなストーリーは、なぜか私の場合、示すことができません。子どもの頃、尊敬する先生と出会って・・・というようなことが言えればいいですが、たしかにそれもあるけど、それが決定打ではないのです。100あるうちの、1くらいでしかない。<br>では、残りの99、この道だ、と自分で決めることのできた要因は何なのか。教員、というカードを引くことにした気持ちに、どうして至ったのか。これは、問いを受けるたびに、質問を受けるたびに、私が考えてしまうテーマなのです。<br>考え、考え、言えることは、<br>「できる、やろう、という気持ちになったから」<br>それが、私の場合は、30歳のときでした。<br>人工衛星の仕事(JAXA)に関わったのは、実はもう、心の底に<br>「教員になる」<br>と固い決意を固めてから巡り合った仕事で、コンピューター室でサーバー攻撃と闘いながらも、<br>「これは世を忍ぶ仮の姿だ」<br>と思っていました。<br>こういったことで、私の就職観、転職ストーリーは、かなりレアなケースなのじゃないかと自分では思っています。
    • 3. みち
    • 2011年12月26日 22:12
    • 早速のお返事ありがとうございます。貴方の言葉はいつも魔法のように私の心に響くのです。30歳になり教師を目指してから、いつもブログを拝見させていただいております。お返事いただき、背中を押してもらった気分です。不安もありますが、勇気と期待を持って前に進みたいと思います。<br>私は障がい児の社会支援のボランティアがきっかけで教師を目指したのですが、貴方が子どもたちのためになることをやるという気持ちになったきっかけって何だったんだですか?人口衛星の軌道の管理なんて素晴らしい仕事よりも、そういった気持ちになり教師を目指したきっかけに大変興味があります!
    • 2. arigato3939
    • 2011年12月26日 21:31
    • みちさん、コメントありがとうございます。教師をめざしていらっしゃるとのこと、本当に頭が下がります。この道に進もうかと考えていらっしゃるということだけでも、尊いことだと感じています。<br>教師が向いているかどうか、私もわかりませんでした。でも、子どもたちのために、何でもいいからやりたい、と思えたことが大きかったと思います。教師がダメなら、用務員にでもなろうか、と思ったことだってあります。小学校のために、子どもたちのために、ガラス磨きでも、ゴミ拾いでも、なんでもやりたかったのです。それが、自分の残された人生を費やすのに、一番「自分がうれしい」ことだと思えたからです。それまで人工衛星の軌道の管理やネットワークの仕事をしていました。それも自分の人生をかける、という点で80%くらい満足していましたが、小学校の子供たちのためになることをやる、ということは、それを超えたのです。それで、未知の世界に飛び込む気持ちになったのです。勤務する日が待ち遠しかったです。今は、実際に教室で、子どもたちと楽しく過ごしています。みちさんも、誠実な方だから、「自分はどうだろうか」と悩まれているのでしょう。どうでもいい、と思っている人は悩まないかもしれませんから。<br>誠実な方にこそ、この世界はふさわしいと思います。子どもはすぐに仮面を見抜きます。心、気持ちのある行為は、子どもに響いていきます。みちさんが勇気と共に、この世界に挑まれることを楽しみにしています。学校は、とてもおもしろいところですよ!
    • 1. みち
    • 2011年12月26日 09:11
    • 2学期お疲れ様でした。私教師を目指しておる30歳の社会人です。通信で単位も取りあとは教育実習を残すのみとなりました。そこで会社を辞めることを伝えようとしているのですが、なかなか勇気が持てまません。果たして私は教師が向いているのか、本当に教師を生涯の仕事にしたいのか等考えると一歩踏み出すのをためらってしまいます。貴方は何故教師になろうと思ったんですか?正社員を捨ててまで未知の世界に踏み込めた理由は何ですか?
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック