新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)


授業中に、

「本当にすみません、○○先生、授業中、本当に申し訳ない」

という感じで、他の先生がドアをノックされ、話をされることがある。
まあ、授業中だろうが何だろうが、保護者からの問い合わせだったり、地区の公民館にかかわる授業に担任が関わっている場合だったりと、ともかくも急用がある、ということがある。

本当はそんなもの、地区の公民館の用事だろうが、

「今は授業中で確認できません」

と突っぱねるべきである。
(ということになっている。だって授業は法律で定められているからね)


でもまあ、そこは理屈だけじゃいけないよ、地域の市民の皆さんや保護者とも、うまく合わせて行かなければ、ということで、対応をする。

ところが、それが高学年の女子ともなると、こういったことさえもが反抗する材料になるのだから恐ろしい。

教師が、授業中に訪れた他の先生との話を終える。
その直後、授業中にも関わらず、関係のないおしゃべりをするA子に注意をすると、

「だって、先生だって話をしてたじゃん!授業中に!!さっき!○○先生と!」


・・・天才だと思います。
きっと、能力がとても高い子なんだろう。
理由にならないようなことを理由にして、自分を正当化する技術に長けているのだ。

きっとお家ではお母さんをはじめ、みんな苦労しているのではないかと思います。


さあ、これにどう対応するのでしょう。

ともかく、注意されるべきことをしたにも関わらず、

「わたしは悪いことなんかしていない!」

という感じですからねえ。
これにひるんでしまったら、

「大人はだませるものだなあ」

と誤学習させてしまいますね。
不幸な女の子が生まれてしまいます。
これは見過ごすわけにいかない。
人生にしっぺ返しを喰らうであろう女性を一人、生み出してしまうかも。
ここで何か、歯止めをかけてあげる、というのが教師の使命でしょう。

こういう場合、きわめて、「同情的に」叱るのがコツ。

「こういうときは、こうするものなんだよ。一般的にね。あなたはわかっていないよね。その一般的にというのが分からないと、他の一般のことさえもわからなくなるんだよ。そうして、人生や社会の一般が分からないと、たいへんに苦労をするものなのだ」

同情的でしょう。
なにがなにやら分からないですが、言うことは、上記のようなことです。

では、たとえば今回のような場合は、どう対応するのでしょうか。

「話、というのは、先生が仕事上必要であるために話をしているようなことを言うのだ。きみのはただの、雑音だ。話だというのなら、授業に関係のある話であるべきだ。そういうことなら百歩譲ってもう一度、話を聞こうじゃないか」

「・・・(小声でブツブツ)」

「いいかな。さらに言えば、言うタイミングを考えるのが話なんだ。聞く人の立場や都合も分かって話すわけだ。授業中に授業以外のことで聞きたくない人にまで聞こえる声でしゃべっているのとはまったくべつのものだ。話と雑音は違うのだ。わかったかな」


こんなふうに、分けて分類したり、定義付けをしたり、区切ったり、とするのが有効か。
まあ、話の中身よりも、教師が毅然として、何か言い返せるのかが大事。
また、頭のいい子やわけのわかっている子が、なるほどと納得する中身であれば、尚良しというべきだろう。

(しかしまあ、こんなのはひどい対処療法で、一番いいのは、こういう状況にならないような学級づくりをすることなのでしょう。児童どうしの親密な人間関係をつくっていくとか。仲間意識を育てていくとか・・・。
でもまあ、実際にはこんなふうなことを毎日考えながら、その日を凌いでいるわけで・・・おもしろい授業なら私語もない、と他の先生に言われたこともあります。そのとおり。その境地に立ちたくて、授業技術を向上させていかねばなりません)




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (3)

    • 3. 新部公亮
    • 2012年01月12日 00:46
    • 北さんファンの虫屋です。11月5日の貴ブログにコメントを入れさせていただきました。是非お読みください。
    • 2. arigato3939
    • 2011年12月16日 23:54
    • あんさん、コメントありがとうございます。採用試験に向かってトライ中とのこと、ぜひ夢をかなえてくださいね!<br>毅然と、というのでは、どんな感じでしょうか・・・。私も実はよくわからないのです。<br>でも、一生懸命に大人と子どもの敷居を乗り越えて、立場を逆転しようとがんばってくる子どもたちに対して、<br>「ちがうよ。あなたたちがやるべきことは、子どもとして、子どもという立場で、一生懸命に学ぶことだよ」<br>これを示す、ということだと思います。<br>理想の子ども像、というものがあるかどうか・・・。<br>まっすぐ育っていく子ども像が見えているか。<br>心が鍛えられていないで、「ごまかしてしまえ」という子どもが不幸でいるのを見過ごさない感性とでもいいましょうか・・・。<br>いやはや、むずかしいテーマですね。あんさんのコメントを見て、また私も悩みそうです。ご覧頂いてありがとうございます。受験や試験についてのお役にたちそうなこと、また思い出したら書いていきますね。あんさんのような立場の人からのコメントをいただくと、そういう視点で何か書こう、という気になります。
    • 1. あん
    • 2011年12月16日 22:14
    • 初めまして。実は夏くらいからひっそり愛読させて勉強させてもらってました。私はまだ採用試験トライ中の身です。「毅然と何か言えなければ」という所にはっとして、思わずコメントしました。やはり教師としてそういう毅然と受け答えがとっさにできる能力って必要ですよね。賢い子はそうでないとすぐ見抜いてきます。そんな能力って私はある自信がないですが、どのようにその訓練をしたらよいかアドバイスがあったらお話聞かせてください。先生の「整理して分類して…」というところもすごく共感しました。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック