元エンジニア・新間先生の自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「天職」と「困らない」生き方。
高卒資格のまま愛知の小学校教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)


セラピーではなく、必要なのはサポート。
セラピーとサポートはちがう。
それを他の人に説明できるくらい、わかっているかどうか。
どうだろう。

うつ等、カウンセリングやセラピーを必要とする子は、知的障害・情緒障害をかかえる子どもの中のたった2割らしい。その他の8割は、セラピー対象なのではなく、サポートニーズの子、だという。
つまり、うつなどの病理なのではなく、発達障害とよばれる、いわゆる自閉症的傾向の子がほとんど、ということ。

しかし、手法としてはカウンセリングやセラピーの手段が有名なので、そっちを思い浮かべて実践してしまう大人の方が多いのだ、と嘆いていらした。
先日受講した、県の教育セミナーでのことだ。

なるほど、心のケアが必要な子には、カウンセリングやセラピーが有効であることは間違いない。
しかし、自閉症にはセラピーではないのだ。
つまり、受容的な受け答えや励ましは、不要、ということ。
これは、分かっているようで、案外と整理できていなかった部分。

セラピーでは、こう答える。
たとえば、
「ぼく、みんなとちがうからダメなんだ」

セラピスト、カウンセリングの場では、これも受容する。
つまり、
「みんなと同じようにできないから、それが苦しいんだね」

あたたかいまなざしで、こういって受けてあげる。
これは、ぜったいにやっちゃいけないんだって。
自閉症児には。とくに、決めつけこだわりの強い子には!

なんと。


こうやって心境を吐露するアスペルガーの高学年がいたら、ぜったいに言いそうだ。
「そうかー、ダメって思ってるんだね。苦しいんだなあ」

でも、これはぜったいダメだって。
その、講座の先生のおっしゃるには。
つまり、受容すると、こだわりが強くなるだけ。
こだわりを強くする、ということには加担しないこと。
つまり、受容する、という考えを捨てなければならない。


どうするか。

「自分と他人の違いが分かるのは、すばらしいことだよ」

と諭すんだって。

当事者のこだわりに興味を持たない、加担しない、こだわらない。
できれば無視しつつ、その子にプラスのフィードバックを与えてあげること。でなければ、肯定的な関係を保つことができないし、のぞましい社会性を伸ばすことができないから。

なるほど、と思いました。たまには県のセミナーでも、勉強になるな、とうれしくなりました。

と同時に、こういったフィードバックが瞬時にできるようになるには、相当の修業がいるし、こちらにその視点が常にないといけない。教師が意識していないといけない、と思ったのでした。




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック