困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)


軽井沢高原文庫で、昆虫記にまつわるさまざまな資料を拝見してまいりました。
いろいろと教えてくださったのは、新部公亮(にいべ こうすけ)さん。(おかげで楽しい訪問となりました。本当に丁寧にありがとうございました。)

まずおどろいたのは、北杜夫さんが少年期に腎臓の病で病床にあったとき、実際に読んでいた本が、陳列されていたこと。
本物、です。

昆虫記を読んだことのある方なら分かると思います。
『原色千種昆虫図譜』という図鑑です。
北さんは、この図鑑の、続編をあわてて買ってしまったのですね。正編と続編が並んでいたのですが、買ってきて見てみたら、台湾の蝶ばかりが並んでいる。これはおかしい・・・。(装丁がきれいだったのか、新品に見えたのか・・・)

せっかく貯金をはたいて買った本が続編だったので、北さんが相当落ち込んでいるところ、周囲の方が気の毒がって、結局正編をプレゼントするのです。

その、正編と続編の、両方の昆虫図鑑が、きちんと陳列されてある!

スゲェ!
一気に、ボルテージがあがりました。
この有名なエピソードは、昆虫記ファンならだれでもすぐに思いだせるはず。

ところで、そばで私に解説をしてくださった新部さんが北さんからその実際の本をお借りして、確認したところ、面白い話をうかがいました。正編の方の本は、中古だったらしいです。別の方の蔵書印があったとのこと。
つまり、あまりにも落ち込んでいる宗吉少年に対して、新品の本をプレゼントしたのではないのです。だれかから譲り受けた、あるいは中古で購入して手に入れた正編を、プレゼントした、と。

こういうことも、本を読んだだけでは分かりませんでしたね。でも、昭和のはじめ、戦前戦中のモノの無い時代ですから。いくら脳病院のおぼっちゃまでも、入手できたのが中古なら中古で、それでよいだろう、ということだったようです。

さて、お次。
覚えていらっしゃいますか。
麻布中学で、昆虫採集がしたくて、生物部だか昆虫部だかに入部するのです。そのときの先輩(フクロウさんというあだ名)からいろいろと教わった北さん。たしか、展翅の仕方とかを習ったのかな。
その先輩と、小説を書くようになってもまだ交流が続いていたので、ハガキをお互いにやりとりをされていたそうです。
そのとき、フクロウさんあてに、「シロウト向けの昆虫記を書こうかな」ということをハガキに書いていらっしゃいます。それが結局、「どくとるマンボウ昆虫記」になりました。
そのハガキも、実物が展示されていました。

いやあ、こういったもの一つ一つが、たまらなく面白い。楽しいです。
いっしょにいった妻と子どもは、一足先に湖の方へ遊びに出て行っちまいました。
でも、わたしが大満足の顔で高原文庫から出てきたのをみて、
「よかったね」
と言ってくれました。



昆虫記が最初に登場するのは、週刊公論、という雑誌。
浅丘 ルリ子さんなど、女優さんの写真が、表紙に掲載されていました。
(この雑誌、商売的には失敗して、すぐに廃刊になってしまうそうです)

この「週刊公論」の「どくとるマンボウ昆虫記」。
なつかしの佐々木侃司さんのイラストがものすごくたくさん掲載されています。これを見るだけでも、なんだかジーンときて、たまりませんでした。
実際の中央公論社の「昆虫記」にも載っていますが、かなりカットされていて、全部は掲載されていないのです。だから、

「おお、こんなに佐々木侃司さんのイラストがあったんだ!!」

と感動しました。これも、じっくり見せてもらいました。
いやあ、今でも本当におしゃれで、センスがいいです。細い線でも、なんだかとびぬけて、常識をやぶろうとしている。筆の勢いで、というのでなく、おしゃれに、読者の度肝を抜こうとする、というか、楽しませてやろう、というか。はじめて佐々木侃司さんのイラストに触れたのは、どくとるマンボウシリーズ(中央公論社版)で、小学校6年生だったと思いますが、その頃に受けた印象や感じが、28年後の今もまだ続いています。


さて、最後に、亡くなった北さんのご遺族にあてて、スケッチブックにメッセージを書けるコーナーがありました。
これも、案内してくださった新部さんが、

「大ファンでいらしたのですよね。せっかくですから、どうぞお書きになっては・・・」

とすすめてくださいました。
それで、思いのたけを、1ぺーじぎっしりに、書いてきました。
北先生への、感謝の気持ちです。


f:id:arigato3939:20111105175757j:image:medium:right


最後、高原文庫で100冊限定で、北さんがサインをしてくださった昆虫記の文庫本を買いました。
一冊一冊、見覚えのあるサインが、きちんと書かれています。
旅の思い出としては、うってつけでした。

愛知から軽井沢まで、わざわざ高速をとばして来て、よかった。
朝5時発で、一日がかり。
日曜日には、学校で仕事があります。
土曜日のうちにもどらなければならない。
家族に、一泊旅行をプレゼントしたいが、今日は残念、ということで。

帰り道、寝ている息子たちをよそに、妻に、北杜夫の魅力を熱弁しつつ、高速を飛ばしました。
妻も、半分は寝ていましたが。

佳き旅でした。




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 2. arigato3939
    • 2012年01月12日 23:03
    • 新部公亮さん、コメントありがとうございます。また、覚えていてくださってありがとうございます。いろいろと湧き出るように話をしてくださる新部さんに出会って、本当に尽きない思いが込められている展示会だったのだ、と感心しながら聞かせていただきました。そして、その思いの一部を、「北さんのファン」という共通点でもって、私もうれしく思いながらお話を聞かせていただきました。<br>さて、追悼の文が寄せられている、ということ、くわしく教えていただきましたね。ありがとうございます!<br>3月の予定も、とても貴重な機会になりそうです。人生の宝といえる北さんとの出会いでしたから、ぜひ行かせていただきたいと思います。また、みなさんからの追悼文データ、名文ばかりとおっしゃられているのを、ぜひ私も見てみたいです。また詳しく教えてください。<br><br>追加のレス、ありがとうございました。<br>おかげ様で北さんへの追悼の文、読ませていただくことができました。じっくり読みながら、北杜夫さんの世界を再度、味わうことができています。こんなふうに知らせてくださり、ありがとうございました。
    • 1. 新部公亮
    • 2012年01月12日 00:38
    • 2度目の出会いです。あの日のことを、こうも鮮やかに書いて戴くと、何だか照れくさいような、晴れがましい気持ちです。北さんが自分のニックネームを新種のコガネムシに付けてもらった時のような気持ちでしょうか。こちらこそ本当にありがとうございます。そしてこのブログに気がつくのが今になってしまい、誠に申し訳ありませんでした。<br>あの日に聞いていただいたエピソードのほかにも、お話ししたい逸話は山ほど(昆虫の種類数ほどはありませんが)あります。<br>3月25日まで、追悼展として山梨県北杜市長坂町富岡にある「北杜市オオムラサキセンター」にて、軽井沢の時と同じ昆虫展をやっています。今回は追悼展ということで、各界の虫屋の方々から寄せられた追悼文も展示されています。一番涙をさそう追悼文はやはりフクロウさんからのものでした。(下野新聞、北杜夫、追悼文、新部と並べて検索すると、今月中ならWeb記事が出てきます)ファーブル昆虫記翻訳の奥本大三郎氏やヘッセの権威・岡田朝雄氏、代議士の鳩山邦夫氏ら、北さんと関係のあった方々に特別に寄稿していただきました。虫屋のつながりは相当に強いもの。虫屋はすべからく北杜夫ファンなのです。<br>3月17日か18日にその北杜市オオムラサキセンターで小さな追悼集会(講演会)があります。最後のトークショーの映像や各種北さんのお宝・逸話を持参予定です。御都合が付けば是非お出でください。その前に、18人分の追悼文を是非読んでいただきたく、よろしければメールをください。全32ページをデータで送信します。昨年金婚式を迎えられた喜美子奥様、父親の没後、激ヤセされた由香さんにも送られ、大変に感謝された名文ばかりです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック