元エンジニア・新間先生の自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「天職」と「困らない」生き方。
高卒資格のまま愛知の小学校教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)




落語に出会ったのは、中学時代。
高校でハマった。
今のプロの落語家もそうらしい。
先日、柳家喬太郎さんも同じことを言っていらした。(噺のまくらで)

高校の頃、近所の南山大学の落研を訪れると、部室に入れてもらえた。部長(主幹)の可愛家悪魔(かわいやでびる)さんなど、今でもなつかしくあのときの光景をまざまざと思い出せる。
高校生の私に、ずいぶんと気をつかっていただいた。

ある日、大学生の先輩方が、高校生の私に向かって、写真クイズを出した。

「これ、だれかわかるか」

立派な写真のコピー。
大切なファイルから出して、私の目の前に置いた。
羽織を着て、噺をしているところ。高座姿の白黒写真だ。
ひと目で、昭和30年代、戦後間もなくの全盛期のころと分かった。
古今亭志ん生や桂文楽をはじめ、きら星のごとく居並んだ名人たち。

この人は・・・。

一瞬、自信がなかったものだから、頭の部分だけを遠慮がちにつぶやいたと思う。
こっちは初心な高校生。たばこをスパスパと吸い、車を運転する大学生が、立派な大人に見えた。自分だって数年後にはそうなる、とわかっていたのに。

「春風亭・・・ですか」
「そのあと、なんや」

ちょっと考えて、柳橋、と出てきたのに、間違えるのがこわくて、ついこう言ってしまった。

「すみません、わかりません」
「おしいな。6代目の柳橋師匠やがな。おぼえとけ」

関西から来られた方らしかった。
(伏見の中電ホールで落語会をした折、<ちょうずまわし>をたいへんうまく演じられたのを記憶している)


そんなことを南山大学の部室でやっている頃。
恋勢家乙女先輩から声がかかった。

「いっしょに、噺ききに行こうよ」

部員みんなで行く企画があった。
それが、小三冶師匠、との出会いだった。

みんなで地下鉄を乗り継いで、名城線のどこかの駅で降りた。
ホールへ着くと、ひとりの女性の先輩が、

「百川(ももかわ)でありますように・・・百川でありますように・・・」
とつぶやいている。
それをみんなでうんうん、とうなずきあっている。

私は他の人の百川をすでに聞いていたから、自分の知らない新しい噺がいいな、と漠然と思った。

今となっては、百川で本当に良かった、と心の底から思う。
まぶたを閉じると、あの頃の小三冶師匠の声までがよみがえってくるようだ。
噺のまくらがまた面白く、これ以上長くなると2つめの噺ができない、といって最初の一つ目の高座を降りたのを覚えている。

さて、2席目の「百川」、終わった途端に、くだんの女先輩が、他の先輩たちに抱きかかえられて座席から運ばれていた。夢にも思わなかった「百川」が聞けて、放心状態、だった。泣き崩れていた。

「よかった、よかった・・・!」

南山大学の大学祭。その年の落研は、なんと桂枝雀師匠を招いた。
桂枝雀さんは、豹柄の、奇抜でおもしろい帽子をかぶってタクシーから降りてきた。
あんな格好だったら、確実に芸能人だとばれてしまいそうな・・・、と思った。
私は高校生の当時付き合っていた彼女を連れて枝雀さんの噺を聞き、枝雀師匠を紅潮した顔で出迎える可愛家悪魔さんたちを見た。

卒業を間近に控え、わたしは南山大学を必死の思いで受験したが、落ちた。
可愛家悪魔を襲名したかったが、それはできなくなった。
そのかわり、島根へ行って、宍道亭しじみ、となる。
ああ、なんだか涙腺がゆるんできた。




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 2. arigato3939
    • 2011年10月24日 21:15
    • アーカイブさん、コメントありがとうございます。20年以上前の話で、恐縮です。まだ可愛家の亭号が連綿と受け継がれているのですね。文化と伝統を大切にされていること、感服致しました。枝雀師匠も既に亡くなったことを考えると、本当に光陰矢のごとし、という気がいたします。今、名人と呼ばれる方の高座をできるかぎりご覧になるとよいですね。人生、30代、40代になってからでも、「あのときの、あの高座」を覚えていて、なにかのときにふと、思い返すことがあります。これは人生を本当に香りよく楽しませてくれる思い出、であります。<br>写真もまだ大切にされているのですね!スバラシイ!
    • 1. アーカイブ
    • 2011年10月23日 22:21
    • 私は南山落研で可愛家の亭号をいただいているものです。<br>過去の貴重な話を読むことができて大変喜ばしく思っております。<br><br>現在、件の写真はパネルにして部室に掛けてあります。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック