元エンジニア・新間先生の自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「天職」と「困らない」生き方。
高卒資格のまま愛知の小学校教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)




最初の1分間でつかむ!

どういう要素が、こどもの視線、意識、注意、関心、興味をつかむのか。

最初の1分。

そこに、すべてをかける!

今、要素を考え始めています。


いくつか教えていただいた中から、要素を3つ。

1・楽しい活動。
2・知的なおどろき。
3・モノづくりや実験。

この3つが、ぐっとハートをつかむのだ、(らしい)。


1.楽しい!……話す聞くスキルやあいうえお作文など、活動が多く、
すっごく楽しかったという印象を与えればOK

2.驚き!……知的な驚き。知らなかった!なるほど!ほぉ~!という内容。

3.モノ……全員に物作りをさせたり、実験をさせるというのが好評。


この項、つづく。




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック