新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)




この一年、ほめる、ということについて考え続けている。

なぜ、子どもたちを、ほめる、のか。
どんな趣旨で、ほめる、をやるのか。
それを、とことん考えたくなった。

たとえば、「いいね」の一言。
先生は、こういうことでよろこんでくれるのか。
じゃ、つぎもやってみよう。
こう思う子もいるだろう。
先生を喜ばせてみたい、という気持ちが生まれるのだ。

それを見越して、ほめるのか?

しかし、それは、続かない。
先生も疲れる。
子どもも、いつまでも、先生を喜ばせようとばかりはしない。

「喜ばせよう」は、まだまだ半人前。
人を喜ばせよう、という気持ちに少しでも「見返り」をもとめる動機が隠れているとしたら、それは決して長続きをしない。
いわば、本物ではない。
子どもが、先生を喜ばせようとする活動は、長続きをしない。そんなことは、必要ではない。
それを目的に、ほめていくのは筋がちがっている。

喜ばせようと、いう気持ちよりも先に、

「この空間、人間関係、場所に、いてもよいと認められている」
という、受け入れてもらえている、という気持ち。
この気持ちが子どもの中に生まれてほしい。
それが先だ。
受け入れてもらえていると確認できるから、この場にいて、力を発揮しようと思うのだろう。
先生、教室、学級の仲間。この空間にいて、活躍しようと思うのだ。

・・・と、現在のところ、考えている。(が、どうだろうか)




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック