新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)




30代の人たちから、転職相談を受ける。
このブログを公開しているからだろう。

自分でも教師になれるのか、という相談。
メールでいくつかいただいたので、ここで再度、書いておきたい。
実は、これまでに、かなりいろいろと書いている。

○小学校教員資格認定試験 [2006年08月13日(日) ]
http://arigato3939.publog.jp/archives/54401380.html

○一種の免許をとるためには [2006年08月15日(火) ]
http://arigato3939.publog.jp/archives/54401383.html

○いよいよ教員採用試験 [2007年08月10日(金) ]
http://arigato3939.publog.jp/archives/54401389.html


検索サイトから、スッと来られたかたには、
すぐには辿りにくいのだろう。


上記の文章などに記しているとおり、
免許なし、高卒、既婚、子持ち、いろんな条件はありましたが、道は決して、とざされているわけではありませんでした。
教育実習を受けなくとも、教員になることもできました。
30代の転職は、十分可能です。
サラリーマンで、1か月も会社を休めない、という方でも、免許取得をねらうことができます。

いただくメールを読ませていただいて、いろいろな境遇の方がいて、なにか、進路選択のヒントをさがそうとしていらっしゃることが分かります。

私のブログでよければどうぞ、いつでもご参考に。
質問は、答えられるときと、すぐにこたえられないときがありますので、ご容赦ください。
(私の学級の事情や行事、スケジュール、体調など、さまざまなことが要因で、なかなかすぐに返事が書けません。メールの返事がなくても、こうしてブログ本文に書くこともありますので、どうぞご覧くださいね。)
転職、応援しています!




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック