困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者の自虐スナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)




車がないので、遠出のときには、レンタカーを使う。
車を買いたいが、駐車場代だけ見ても、手が出ない。
それに妻は運転できない。土日も不要。
たまの連休か、夏休みくらいにしか、使わないのだから、レンタカーで十分だ。

レンタカーの楽しみは、会社が選べることだ。
トヨタにも乗れるし、ニッサンにも乗れるし、ホンダにも乗れる。
近所には、Nipponレンタカー、Orixレンタカー、TOYOTAレンタカー、と各会社があり、Nipponレンタカーだと日産車に、Orixだとホンダに、TOYOTAだと(もちろん)トヨタに乗ることが多い。

たいてい、TOYOTAに乗ることが多い。
割引があり、安いからだ。
しかし、たまに他社の車に乗ってみたくなる。

今回、近くの川へ家族と遠出した。
いつもTOYOTAだから、とあえてHONDAにした。
Fit、である。
店員に、勧められたことも原因だ。
レンタカーの店員は、こう言った。

「燃費がおどろきですよ。20キロ超えてますからね」

TOYOTAのヴィッツに匹敵する、という。
それは、と驚いた。
ヴィッツでは、少々物足りないところがあるからだ。
高速での加速、車内の広さ、いい車だが、あと少し、という思いがある。
それがクリアできるのだ。
まよわず、Fitを試してみることにした。
公称、20キロ超えの、燃費のよさがどうなのか。
実際をためしてみたくて、うずうずした。

ところが、結論を言うと、とんでもない。15キロもいかない。
14キロにあとわずか、という残念な結果であった。

冷房を効かせすぎたのか?
あるいは、高速をとばしすぎたのか・・・

いや、高速はキープレフト、いつも抜かされてばかりのスピードであった。



Fit、いい車だった。
車内の広さやインパネの感じ、操作性や曲がるときのスムーズな感じ、後輪がしっかりついてくる感覚、いい車なんだが・・・


燃費がよいのは、これまでの経験では、総合してTOYOTA。
MATSUDAのデミオもよかった。デミオはOrixレンタカーで借りた。
NISSANでは、NOTEがよかった。
あまりにもちょうどよく整いすぎていて、逆につまらない、という感じ。
(ということは、とてもよい、ということなのだが・・)

Fit、ざんねんだったなあ。




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック