困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)




もっと思い切り、やりたい。
そう思うようになった。

職員室で遠慮している自分。
子どもの前で、遠慮している自分。

そうではないはずだ。
なにかが、自分を止めている。


思い切り、このことを、子らに学ばせたい、と願うこと。
それを、教室で、ドラマティックに展開したい。
子どもたちから、出てくる、さまざまな疑問や意見、考えを、しっかり、ひろってあげたい。
また、知的な質問が出てくる教室の環境を、準備してやりたい。


子どもたちから、たった数日間、離れただけで、なにか、心境が変わる。
これまで、守りの姿勢だったかなあ。


思い切り、今、描いていることを、進めてみたい。




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック