困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者の自虐スナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)




赭鞭一撻(しゃべんいったつ)。
日本の植物分類学の父、牧野富太郎氏が、17歳の頃に書いた勉強心得のことである。
植物学を志すようになった彼は、この抱負を生涯をかけて実践し通した。

十五 造物主あるを信ずるなかれ
で終わるのだが、
この直前の

十四 書を家とせずして、友とすべし

という文の紹介がしてあるのを見つけた。

「本は読まなければなりません。しかし、書かれている事がすべて正しい訳ではないのです。間違いもあるでしょう。書かれている事を信じてばかりいる事は、その本の中に安住して、自分の学問を延ばす可能性を失うことです。新説をたてる事も不可能になるでしょう。過去の学者のあげた成果を批判し、誤りを正してこそ、学問の未来に利するでしょう。だから、書物(とその著者)は、自分と対等の立場にある友人であると思いなさい。」(現代語訳)

真理の探究。


これが絶対だ、という自信は、悪自信である。
自分の考えは決して誤り無く、判断する能力に死角はない、と言い切るものだ。
こうした考え自体が、マチガイだ。
脳が全能完全な機械ではない限り、脳は本来、「間違えて当然」の機能なのだ。
誤りの多い人間本来のあり様からすると、悪自信そのものがすでにマチガイであるわけで、それを恐れた牧野氏の、心底謙虚な、理想の研究態度を示していると思う。

だから、自分の考えも、書物の考えも、対等だ、というのである。

対等、という測り方、そのものが、むずかしいのが実際だ。

えらい人の言ったことだから正しい。
先輩の言ったことだから正しい。
本に書いてあることだから、正しい。

こうなり易い傾向の人は、逆に、

子どもの言うことだから信用できない。

となりがちなのだろう。

同じ観念で、とらえているから、えらい人、子ども、と見上げたり見下したりする。

そうではない、というのだ。


対等。


対等、と見えるか、どうか。


真理の前では、対等なのだ。
探究せんと努める立場に、あらゆる格差はない。

さて、この夏、どんな読書ができるだろうか。
へちまも朝顔も、夏の草木はどんどん生長する。
同様に、教師の力も伸びる、夏だ。




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック