新間草海の!!自問自答ブログ

転職を繰り返し、漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2020年01月

【遅いのかまだ早いのか】職業について

職業について考える授業をした。 小学校の高学年では 「・社会生活にはいろいろな役割があることやその大切さが分かる。 ・仕事における役割の関連性や変化に気付く。 ・将来のことを考える大切さが分かる。 ・憧れとする職業を持ち,今,しなければならないことを考える。」 …
続きを読む
まだまだ、お餅余ってますか?

ありがたいことに、わが家は餅であふれている。 お友達からいただいた餅。 実家の母上からもらった餅。 正月の勢いで買ってしまったサトウの切り餅。 来る日も来る日も、餅を食べている。 飽きたら、餅を変身させ、おいしいスイーツ?にしてしまえ。 そこで、あられですよ …
続きを読む
2020年、今年もどうぞよろしくお願いします。

『叱らないでもいいですか』 のブログタイトルを少し変えて、 『困らない、叱らない。新間草海の教室日記』として1年が過ぎました。 2020年も、引き続き、教師としての日々をつづっていこうと思います。 困らない、という教師の姿。 子どもに無関心だというわけではな …
続きを読む