困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2019年09月

韓国の悪口とアッポーペン

これはどこでインプットされたのかなあ、と不思議に思うことですネ。 韓国のことをどれだけ知っているのか、ほとんどなにも知らない小学6年生が、韓国の悪口を言っております。 おそらく、何の気なしに、というか、あまり意味なく、なにかそのフレーズを聞いたままに、その …
続きを読む
さあて、2学期や!!【6年理科・食物連鎖】

2学期が怒涛のように始まり、体重がすでに3キロ近くやせております。 いいのです。夏休み中に増えてたから。 それにしても、年齢が年齢だからか、業務が多くて大変だと思う。 気が付くと、職員室の机の上に、文科省から教育委員会から、企業から大学から、市内の他校から …
続きを読む