困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2019年08月

母の計画 inハワイ

母がハワイに行く、と言い出したのが5月。 2年前に父が死んで、「なにもやることがなくなった」と言っていたが、気が変わったようだった。 父が死んだとき、 「これまではお父さんが喜ぶことだけ考えていたら、それで良かった。その相手がいなくなったからなんもすること …
続きを読む
ハワイの酋長に助けられた話

『Down to Earth』 という店で、水筒(ボトル)を買おうとしていたときのこと。 たかが水筒だが、棚にならんだ商品たちはどれもカラフルである。 豊富なカラーバリエーション。明るい黄色もあれば、深い青や淡い水色も、ある。 なかなか日本ではみかけないような極彩色の水 …
続きを読む
パソコン HDD故障で泣いた夏

しばらくパソコンがみられていませんでした。 パソコンが故障し、対応に追われたのです。 自戒をこめて、よびかけたい。 バックアップしよう! 子どもたちの写真が消えちゃったのが、痛かったなあ・・・。 ハードディスクが壊れる、ということを、なんとなく忘れていました …
続きを読む
やり直しのとらえ方

やり直し、ということを、「ありがたいチャンス」と思うかどうか。 社会全体が、「省エネが良く、やり直しはできるだけ避ける子を育てている」という気がするネ。 そのためか、教育現場でも、生産性を上げることが良いことだから、能力の秀でている(とされている)子の言う …
続きを読む