困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2018年03月

しつけ(躾け)について

. 身を美しくするのが「躾」。 身だけ、形だけ、を美しくすることは可能だろうか。 多くの教育者は、そのことについて、否定する。 たとえ美しく見えても、心が備わっていなければだめだ、という。 きれいな歌声も、気持ちがそこにないのであれば、ただの音にすぎない。 歌 …
続きを読む
大声を出して応援する仕事につけばいいよ

. キャリア教育の授業の後半、わたしとしてはめまいのするようなことがあったので、ご報告。 Nくんは、一風変わったところのある男の子。 ゲッツ!という、一昔前に流行したギャグが気に入って、今さかんに使っています。 そのNくんが教室の前に出て来て、 「えー、ぼく …
続きを読む
不登校児について

. 今年一年振り返りの、その2。 不登校の子について。 わたし自身も、不登校気味な時期がありました。なぜ行かれないか、理由がはっきりしないのですね。 昭和の時代だったけれど、母もいろんな人に相談したようです。 混乱するわたしの母親に対し、近所の小児科医の先生が …
続きを読む
その子らしさを考える

. 今日は、久しぶりの休暇、という感じがした。 3学期の通知表を書き終わり、教室の荷物も大きなものを片付けて、 なかなかにさっぱりした。 午後、ちょっと遠出をして、山の方の温泉場へ行った。 湯につかりながら、4年生の1年間を振り返っていた。 お互いがお互いのこ …
続きを読む
子どもにとって担任とはなにか

. まあ、親みたいなものなのかな。 今週で、学校は終わり。 終業式はもうすぐ、だ。 今年も訴える子、多数。 「来年もぜったい担任になって」 「お母さんに言う!校長先生に言ってもらう!」 帰りの時間は、まるでサイン会のようになる。 「先生、ここになんか書いて!」 …
続きを読む
【教師の体調管理術】~腸を活性化する~

. 加齢とともに、花粉症がつらくなってきた。 これまでは「薬を飲んでおけばだいじょうぶかな」と思っていた。 しかし、こう思うようになった。 「できるだけ薬は飲まなくてもいいようにしたい」と・・・。 薬をのまずに、食事を少し意識することで、花粉症が軽減しないかな …
続きを読む
人間本来の好奇心

. そもそも、人間と言うのは、どの程度、やる気に満ち溢れた存在なのだろうか。 子どもを見ていると、どんどん遊ぶ。 なんでも試して、振ってみたり、歩いてみたり、のぞいてみたり、たたいてみたり、噛んでみたり、いろいろする。 特に、幼児期の子どもはそうで、それをし …
続きを読む
改ざんされてない、ちゅうことになっておる

.WEBページには、事実が書いてある、ということになっている。この、・・・ということになっている、というところが、情報リテラシーの肝心かなめの部分。実は、・・・ということになっている、(が、実際は分からない)、ということが、情報リテラシーの学習で、いちばん …
続きを読む
【教師必見!】教師の胃腸強化術!

.先日、久しぶりにテレビを見た。NHKスペシャルの「人体」という番組だ。見ていたら、タモリさんたちが「腸はすごい臓器だ」という話をしている。わたしたちの「腸」は免疫を制御している臓器で、腸のはたらきが正常でなくなると、風邪をひいたり、ウイルスに感染したりす …
続きを読む
理想がなくたって、だいじょうぶ。

.あと、ひと月で4月。これから新しい生活をスタートさせる人も多いのだろう。 新聞記事で、就職のことが特集されていた。 今年は売り手市場だとかで、例年よりは就職率が良かったらしい。 わたしは氷河期世代。どこもかしこもバブルの打撃で立ち直れない時期だった。 「なぜ …
続きを読む
実際は規制されないのが人間

. 「いくら規制したと思っても、実際は規制されないのが人間だ」 これが、人間の本質である以上、だれかが規制を欲したとしても、実はほとんど規制はされないのであります。 アメリカのハイウェイで、あまりにも日中の自動車の交通量が多く、頭を悩ました市議会は、よせば …
続きを読む
コロコロコミックの肖像画落書きの件

. チンギスハーンの肖像画の上に、落書きをする、という内容の漫画が掲載されたので、朝青龍が激怒した、という話。 わたしは、朝青龍はよく自分の意見が言えてよかったな、と思う。 黙っていたら、『はらふくるるわざなり』で、イライラが募っただろう。 品格がない日本人 …
続きを読む
働き方改革について

. やはりまだ、男性教員は「子どもを教室でみるのが半分、残りの半分は夕方からの職員向けの仕事」という意識があると思う。どちらかというと、本業が夕方からだ、という先生もいる。 文科省のアンケート、備品の管理、PC教室のメンテナンス、行事遠足の打合せ、卒業式の掃除 …
続きを読む