困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2018年02月

お母さん、と呼ばれる率が高い件

. 「先生」のかわりに「おかあさん」と呼ばれることがある。 言い間違えた子どもも、気づいて苦笑し、 「あ、先生なのに、おかあさんって言っちゃった」と笑う。 教師がよく体験する、『あるある』、である。 ところで、私は男なのに、なぜか「お母さん」と呼ばれることが …
続きを読む
道徳的な価値では子どもは動かない件

大学で増加中「散歩サークル」活動は「結構ガチ」(AERA) かつて、この記事が目に留まったとき、 面白い! ついに、時代が動き始めたか、という気がした。 要するに、記者からしたら、 「面白くもないことを、なんでやってるの?」 ということだろう。 しかし、その問いこ …
続きを読む
のどごし、最高!

のどごし。 それは、つい、先ほどの記憶である。 ビールはすでに胃の中だ。 しかし、人間は、 「つい、さっき」のどを通過した、 ビールの冷たさや炭酸のキリキリした刺激、 のどから鼻へ抜ける麦芽の香ばしさ、 いわば「過去」の味わいを、反芻するのである。 それが、 …
続きを読む
嫉妬、という感覚

. 嫉妬、ということについては、人類が古くから、その正体を見極めようとしてきた。 ブッダは嫉妬について、法句経でこう述べている(らしい)。 ブッダの言葉 他人の良くないところは とてもよく見えるし、 調子にのって指摘したくもなる。 見えにくいのは、 君自身の良 …
続きを読む
コストダウンという考え方

. 経営者なら、コストダウンを懸命に考えるのが仕事だろう。 一番のコストダウンは、戦争放棄。 宮澤喜一元総理大臣が、娘さんに、 「戦争しないのがいちばん儲かる」 というようなことを言っていたそうで、それは一理あるなあ、と思った。 ともかく、会社でも組織でも …
続きを読む
自戒を込めて~あと20日~

. いよいよ、残りの登校日数が少なくなってきた。 もう20日ほどで、この一年度が終わる。 今思えば、あっという間だった!! 春が過ぎ、夏になり、秋になり、すぐに冬。 もうすぐ、卒業だ、終業式だ、クラスのお別れだ。 今年は父を亡くしたこともあって、「人生」という …
続きを読む
人の言うことを聞くとはどういうことか

. ゲームしよう、と子どもから言い出すことは、ほとんどない。 子どもが「こういうことは、先生が決める」と認識しているからだろう。 常に、ゲームしよう、ともちかけるのは、わたしから、である。 そういう意味で、わたしはずいぶん、勝手である。 「勝手な指示をする先生 …
続きを読む
只管打観(しかんたかん)

. 子どもを見る時は、観察モードになる。 こんな表情をしているな、 どんなことを考えているのかな、 あ、あの子と笑ってる。 なにか気になることあるのかな、 楽しそうだな など これ、感想が混じると、なにかがこびりつく。 したがって、なにも意識せずに見る。 ただ、 …
続きを読む
浮く話し

. スタッドレスタイヤにしたのをいいことに、 雪のふる中を、ちょっと遠出して地元・愛知県の、 とある温泉へ行ってきました。 身体って、お湯に浮くのですね。 呼吸していると、ちょっと上下しますが、 お風呂の底よりも、わずかに上のところで、下半身がとまりました。 …
続きを読む
朝から、顔を見るだけで

. 朝、来て友だちに 「おはよう」と言ったときから にやにや うふふふ ははは 笑ってばっかり 誰かが何か言えば、 みんな言いたくなって 喋りたくなって どこかで歌が始まれば いつの間にか伝染して クラスみんなで歌ってる。 わたしは、驚いて思う。 君たちは、フォ …
続きを読む
「指導者」の定義とは何か

. わたしが休み時間にぼうっとしながら校庭を見ていると、積もった雪の上をやたら走り回っている子がいる。人間を定義するなら、「雪の上を走り回る動物」とでも定義できようか。なんであんなに、とか、この寒いのになぜ、などと思うのは素人の思考である。また、靴下がぬれ …
続きを読む