困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2018年01月

子はまったく完成されていて、かつ未完のまま

. 2月になると、担任と子どもたちの距離感というのは なんとも近くなっています。 わたしが気にするであろうことを、サッと感知して 「あ、先生、〇〇くんは校庭行ったー」 わたしはその声に、ぎょっとします。 あなたはエスパーか。 「先生、〇〇しといたよ」 「先生、 …
続きを読む
プログラミング学習のこと

. プログラミング学習の面白いこと。 〇やんちゃくんが、先生になれる。 〇教えてもらって、素直に「ありがとう!」と言っている。 〇失敗すると、笑い転げる。  「先生、すっごくへんな動きになった~!!ぎゃははは」 〇意図したとおりに動くと、満足できる。  「ちゃん …
続きを読む
友だちに認めてもらうこと・・・

. 2分の1成人式に向けて、ちょっとずつ進めている。 1)自分ってどんな人間か、思うこと 2)赤ちゃんの頃、保育園の頃、4年生までの自分   をふり返ってみる   〇どんなことが楽しかったか   〇できてうれしかったこと   〇みんなにしてもらえてうれしかったこ …
続きを読む
「なぜ、やってくれないのか!」

. イオンシネマで映画を観ました。 入場の時間をほんの少し待っている間、ひまだったので、 見るともなしに、読むともなしに、お客様からのお手紙コーナーを見てました。 入り口に、あるんですよね。 お客様からの感謝の言葉、あるいは意見、感想の掲示コーナーが・・・。 …
続きを読む
CAになれると思いますか?

. わたしたちが本当に願っていることは、なんだろうか。 CAに本気でなりたい、と思っています、という相談があった。 「高卒からフリーターの24歳ですが、CAになりたいです。遅いのは十分わかっていますが、人生後悔したくないので挑戦したいです。なれると思いますか? …
続きを読む
安倍首相について

. ふだんの会話の中で、 子どもが、安倍首相のことをひどく言うことがある。 わたしは道徳で、「ビーフカレーは辛いか、ポチは悪いか」という授業をする。 このカレーは、辛いカレー? 「いや、ぜんぜん辛くない、と感じる人もいそう」 じゃ、この犬は、こわい犬? …
続きを読む
【2分の1成人式の記事に反響】寄せられたメッセージから

. 先日、2分の1成人式の記事を書きました。(先日の記事はこちら) ちょっとした反響があり、現役の若い先生からメッセージをいただきました。 「わたしも4年生担任です。わたしは、2分の1成人式では、将来の夢を考えることを主眼にしました」 なるほど。いいですねえ …
続きを読む
人は、事実ではなくて「感想」で苦しむ

. 中国のむかし話を、子どもたちに読んで聞かせた。 それはアジアの昔話を集めた本でしたが、こんな話です。 『中国のある地方に、ワンという男が住んでいた。 ワンは木こりで、毎日、山にでかけた。 ある朝、家の玄関で慌てふためいた。肝心の道具である斧がなくなってい …
続きを読む
4年生の行事?『2分の1成人式』にチャレンジ!

. そろそろ今の時期、2分の1成人式を考えています。 わたしはあまりよく知らなかったのですが、世間ではかなり有名になってきている行事らしいですね。 20歳の成人の、ちょうど半分、10歳になる4年生で、その儀式をやろうというわけです。 学年の先生たちと相談し、ま …
続きを読む
不機嫌なときには他の人に嫉妬しやすくなる

. 「嫉妬」という感情を切り口に、自分を観察することができるのは古来から知られている。 かの有名な哲学者も、ルサンチマン、という言葉で、「嫉妬」に向き合っておりますナ。 さて、子どもは自分では、「嫉妬」なんてしたことない、という子もいる。 ところが、ちょっと …
続きを読む
いじめる人がいちばん困っていてさみしい

. まず、4月の学級で、一番最初に行う道徳の授業が、コレです。 いじめ。 これを考えないとね。 「いじめはいけない」と、教える教師は多いでしょう。 しかし、「教えたつもり」・・・では意味がない。 「いじめてはいけない!絶対!」 と、黒板に板書したところで …
続きを読む
『りんごかもしれない』という絵本で授業する

. ある日、『りんごかもしれない』という絵本を読みました。 この絵本は、りんごをある男の子がテーブルの上に発見するも、そこで妄想にふけりはじめて、 「いや、もしかすると、あれはりんごに見えているだけで、実際はちがうかもしれないぞ」 と思い始めるのです。小さな …
続きを読む
「絶対そうだ、と言えるか」

. フランシスコ・ザビエルに向かって、ある一人の日本人が質問した。 「神がこの世をおつくりになられたのなら、なぜ私たちの発見が遅れたのでしょう」 つまり、大文字のGODが世界をつくったのなら、GODは日本もつくったはずだ、と。そのGODが日本を知らないはずが …
続きを読む
賀正・19万アクセスありがとうございます!

いつもアクセスしていただいてる、 まだお会いしたこともない多くの方へ。 新しい年、みなさんに、幸多きことをお祈りしています。 2018年、よい年になりますように。 愛知県の片田舎より。 (さて、きしめんでも食いに行くか) …
続きを読む