困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2017年06月

好きな人のためなら

. 以前から、この「感じ」は、言いようが無い、と思うことがある。 それは、子どもが、「意気揚々と」、手伝ってくれる時の、あの感じだ。 顔が、光り輝いている。 そして、目が、楽しくて仕方がない目になっている。 用事が終わりそうになる、その前に、すぐに、 「先 …
続きを読む
子どもが先生の世話をする

. ずいぶん昔のことですが、学校で、「給食残飯グランプリ」というのがありました。 給食で、おかずやご飯が、残ります。 すると、その残滓の量をはかるんです。 お昼の放送で、 「今月、残滓の少なかったクラスは6年1組でした!おめでとうございます!」 いや、食 …
続きを読む
職員室でも話題!ブラタモリの「愛知」編

. ブラタモリで、タモリさんが名古屋に来た。 名古屋城と熱田がクローズアップされていた。 しかし、そのキーとなっていたのは、なんと 徳川家康!! 岡崎市民にとっては、 わが、家康公、である。 家康の、したたかな未来を見通す目。 まちづくり、国づくりの視 …
続きを読む
夢や希望が、無くても許される社会へ

. 道徳の副読本。 夢とか希望、とか、強調しすぎ。 と、思うときがある。 道徳の資料に、「夢」を語る、というのがありまして・・・。 するとネ、子どもたちみんな、 ほぼ全員が、『職業』を言うのですよ。 あれ? 夢って、職業のことだっけ? と。 必ずしも …
続きを読む
「褒める」が分からない話 その2

. いつのころからか、「ほめる」は、不要、と思い始めた。 それまでは、要る、と思っていた。 必須、と思っていた。 だから、わたしが教室経営をうまくやっているとしたら、その原因は、 「子どもをうまくほめているからだ」 と思っていたことまである。 それくらい、 …
続きを読む
「褒める」が分からない話

. 教育現場において、 「褒める」ほど、難しい言葉はないと思う。 おそらく、「ほめる」という言葉の中には、とても多くの事例が含みこまれている。 だから、わたしは、「ほめる」という単語を、使うのに、躊躇してしてしまう。 本音を言うと、ネ。 子どもや大人の関 …
続きを読む
相手の満タンは、分からない

. 相手が満タンになるポイントを、すべて把握できれば良いが、現実的ではない。 大人も子どもも、相手がいったい何によって満タンになるのか、知りようがない。 つまり、本当に相手の心が満タンになるポイントというのは、 他人にはざんねんながら、分からない、というこ …
続きを読む
満タンタイムには満タンにならない

. 満タンタイムは2分間しかなく、朝の忙しい時間にがんばってやりくりする。 しばらくつづけていると、 「先生、満タンタイムを延長しようよ」 とか、 「満タンタイムは短すぎるから、長くしたい」 という意見が、かならず出てくる。 たしかに、2分間は、短い。 あ …
続きを読む
けんかの起きる前はどうだったのか

. けんかの起きる前。 こころの目盛りは、いったいどこにあったのか。 10を満タンだとして。 子どもたちは、全員が、 「0とか1とか」 という。 え、そうかなあ。 「だって、メモリが10のところとかだったら、ちっとも気にならないもん」 そもそも、目盛り …
続きを読む
自分のために時間を使うことの恐怖

. 毎日、いろいろと話し合っていると、 なにかの流れで、 クラス全員、幸福になりたいと願っている と、判明することがある。 そんなもの、人間だもの、当り前じゃないのか、と思われましょう。 しかし、実は、「幸福」という言葉ほど扱いにくいものはないので、 き …
続きを読む
お母さんが困るのは・・・なぜか。

. 登校しぶり、と言われている子がいました。 子どもたちが登校する玄関ではなく、職員が通る通用口の玄関があります。 そこに、親子が2人で立っていました。 つまり、他の子といっしょの児童用玄関からは、入りたくなかったのでしょう。 たまにそういうケースもあるの …
続きを読む
「喝を入れなけりゃ、いかん」という件

. 座禅を組んでいるところへ坊主が現れて、長い棒で ビシッ と肩を叩く。 すると、肩を叩かれた修行者はお辞儀をし、居住まいを直し、また座禅に集中する。 あの棒は、集中力が途切れたとき、そのことを親切に教えてあげるための棒らしい。 名前を、「警策(けいさく …
続きを読む
ひいきをする、という件

. 「クラスの先生がひいきをする」 と相談があったら。 まず、わたしなら、 「困ってるの?」 と聞く。 もしかしたら、ただの報告だけ、かもしれないからだ。 うんと困った感じをもってるのか、そうでないのか、それによってもかける言葉が変わってくる。 もし、 …
続きを読む
講演会が充実しすぎた・・・

. 今週は記事を書けていないが、どうも自分の中で、講演会の存在がとても大きかったようだ。 記事を書かなくても、なんだか人と通じた感が強くあり、 「なにも書かないでも、通じてるかも!!」 と思い始めている・・・。 たぶん、このブログも、 大きな役割をひとつ …
続きを読む
鈴鹿市講演会、ありがとうございました!

. 三重県は鈴鹿市のお弁当屋さん社長、岸浪さんに声をかけていただき、 セミナーの発表者をしてまいりました。 おふくろさん弁当の岸浪さんいわく、 「叱らない、責められない」で検索していたら、 新間草海さんのブログがヒットしたので、読みました、とのこと。 今 …
続きを読む
いよいよ明日!おふくろさん弁当の岸浪さん

. いよいよ、明日だー! おふくろさん弁当の、岸浪さんに会えるのが、一番の楽しみ、かな。 講演が決まってから、『おふくろさん弁当』の本を読んだ。 いや、むちゃくちゃ面白い!! 従業員を責めないんだって。 叱らないんだって!! 自分と共通項を見出すことが …
続きを読む
モンシロチョウ?気持ち悪い!!

. 教室の中に、8匹のサナギがある。 モンシロチョウが、このうち今日、4匹も羽化した。 羽化の瞬間を見た子もたくさん。 「ふかした!ふかした!」 と言っているので、 「ふか、じゃなくて、羽化(うか)だよ」 と教える。 教室で蝶が舞っているのは面白いが、算 …
続きを読む
「それができたら、苦労しませんよ」

. 新間先生のいうことは分かります。 でも、それができるんなら、だれも苦労しませんよ。 そう、言った途端、何が起きるか。 脳に、フィルターがかかる。 「それは、むずかしいこと」 「それは、ほぼ不可能なこと」 「それは、特別な人しかできないこと」 たった一言、 …
続きを読む
人の反応をみるのは楽しい?

. 日記に、やんやんつけぼー、と書いてあった。 なんのこっちゃ、と思った。 子どもが、 「先生、知らないの。お菓子だよ」 いっしょに隣にいた友だちも、 「知ってるー。チョコをつけながら食べるんだよね」 だと。 日記によると・・・。 先日、やんやんつけぼー …
続きを読む
【道徳】嫉妬するとなぜ、つらい気持ちになるか

. 友達の新品の靴に、じょうろで水をかけた事件が発生しました。 「せんせい、Mくんが、ぼくの靴に水かけた!」 理科係のMくん、本当はキャベツに水をやるのですが、 「掃除しようとして、たまたま、かかっちゃった」 ということのようです。 「くつ箱を掃除しようと? …
続きを読む
ルールをつくりたい子

. Fさんが、 「先生、給食のおかわり、ルールを変えませんか」 と話しに来た。 4年生になったらルールがなくなっちゃったので、 復活させたい、と言う。 「3年生の時と同じルールがいいです」 それは、おかわりルールというべきもので、 おかずを減らした人は、おか …
続きを読む
先生、ねむい。

. Aさんが、授業中、少し、寝てた。 「先生、Aちゃん、寝てる」 Aさんにきくと、 先生、ねむい。 というので、全員で10分寝ることにした。 「カーテンしめて!」 「ヒャッホー!」 「電気けそう!!」 寝よう、と言っただけで、このハイテンション。 もう、目は …
続きを読む