困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2016年03月

【クラス編成】善良な子を集めるクラスは、なぜかうまくいかない件

. 新学期からは、新しいクラス。 先生たちにとって、【クラス編成】はとても大きな仕事だ。 子どもたちの人間関係や成績、あらゆることを考慮に入れて、クラス分けをする。 ここに、面白い現象がある。 「ひとつのクラスに良い子ばかり集めると、なぜかうまくいかない」 …
続きを読む
【暗殺教室】人はなぜ、恐怖映画が好きなのか

. 「暗殺教室」という映画がある。 ちょっと話題になったらしい。 先日、テレビの録画を、ほんの少しだけ見た。 「暗殺教室」は、高校生が先生を殺す話である。 この先生が、ふつうではない。 黄色いタコ型怪人であって、超能力を持つ。 恐ろしい超人なのだ! その怪人に向 …
続きを読む
卒業アルバム

卒業式のあと、もう死にもの狂いで事務を片付ける日々が続く。 おそらく、教員の血圧がもっとも上がるのが、この時期だ。 児童に関わるありとあらゆる記録を正確に残すために、獅子奮迅の働きをする。 誤字がないかどうか、4人がかりで、目を皿のようにしながらしらみつぶ …
続きを読む
給食とともに・・・

. Aさんのネタ、続き。 Aさんについてはいろいろと思い出すことがありますね。 ちょっと不思議な雰囲気の子だったので・・・ どんな不思議さかと言うと、こんな感じ。 以下、その会話をいくつか、覚えているところだけでも、書いてみます。 A 「あっ、国語のプリント …
続きを読む
給食に命をかける女子

. クラスには個性があふれている。 一人の女子。 2時間目の休み時間になると、だれもがみんな、その子に声をかける。 「ねえねえ、Aちゃん、・・・」 「Aちゃん、わたしにも・・・」 男子までが声をかける。 「なあ、A、たのむよ・・・」 「Aが言ってたの聞いた? …
続きを読む
「子ども、親、教師」の卒業式

. 卒業式の日。 わたしは6年生、卒業生の担任として、子どもたちと共に、体育館前の通路に並んだ。 入場の曲が流れ始め、係りの先生から、合図があった。 「卒業生が入場します!」 マイクの進行とともに、先頭の列が動き始める。 わたしも、ゆっくりと歩き出した。 少し …
続きを読む
【実体験】愛知に来たら花粉症が治った!

. 愛知に引っ越して来てから、花粉症が治ってしまった。 どちらかというと、山や森が近くにあるから、不思議な気がしていた。 もちろん、杉やヒノキの木もある。 だから、もしかすると、引っ越したらもっと悪くなるかもな、という不安があった。 咳、鼻水、鼻づまり。 引越 …
続きを読む
ふと、やってみたくなるもの

. 老人が消えた、というミステリー騒ぎがあった。(前回参照) 子どもというのは、毎日何かしらの新鮮な話題に興味を持つ。 だから、同じ話題が何日も続くということが少ない。 このミステリー話も、その時だけの盛り上がりで、それ以外はさしたることもない。すぐに消えて …
続きを読む
平成の子も、ミステリーで盛り上がる!?

. UFOといえば、矢追純一。 ミステリーサークルやCIAにつかまった宇宙人の写真など、思えば昭和の子どもたちは、それがどうにも嘘くさいと分かっていながら、きちんとその、「大人の遊び」に付き合ったものだった。 水曜スペシャルの「探検隊」シリーズ。 あきらかに …
続きを読む