困らない叱らない。新間草海(あらまそうかい)の教室日記

漂流する人生からつかんだ「困らない」生き方とは。
転職を繰り返し、高卒資格のまま小学校の教員になった筆者のスナイパー的学校日記。
『叱らない で、子どもに伝え、通じ合う、子育て』を標榜し、一人の人間として「素(す)」にもどり、素でいられる大人たちと共に、ありのままでいられる子どもたちを育てたいと願っています。
生活の中の、ほんのちょっとした入り口を見つけだし、そして、そこから、決して見失うことのない、本当に願っている社会をつくりだそう、とするものです。
新間草海(あらまそうかい)

2015年12月

「テレビが見られんけど、別にいい」

. 給食のときには、リラックスモード。 ふだん見ているテレビ番組のことや、ゲームのことなどが話題になります。 男子の声は・・・大きいなぁ。 ゲラゲラ笑ってる。 芸能人のことを、いろいろと批評している。 お笑いの人について、あれこれと。 女子は・・・ 6年生だか …
続きを読む
子どもにとっての、ホームとアウェイ

. 保護者懇談会で、親が嘆くのは当然でありましょう。 「うちの子、家では本当にグダグダしてるんです。ボーッとしてるし、勝手なことばかりするし・・・。学校じゃ、ちゃんとやってるのか、心配!」 がっくりと肩を落として下を向いている。 これをきいて、私はうれしく …
続きを読む
テニスをやめる、という子にどう言うか?

. 先生、うちの子、なにも長続きしないんです。 せっかくテニスの教室に入ったんだけど、半年したらもうやめたいって。 保護者懇談会で、相談です。 親がテニスが好きなので、子どもにテニスを習わせたそうです。 けれど、その子にやる気が見られず、やめたい、と言ってい …
続きを読む
通知表の意味について

. 子どもたちが楽しみにしていることがあります。 それは、渡す時の先生のコメントです。 「通知表には書いていないんだけど、本当は先生が一番すごいと思ってること」 というコーナーがあり、 「通知表には残念だけど書くところがなくてネ。どこに書いていいのか分から …
続きを読む